同じじゃなくていいんです

Tokyo

日本人の多くは「他人と同じ」が大好きです。

おそらく学校でそういう教育を徹底的に受けるからではないでしょうか。

 

逆説的に「自分と違う」は排除したがります。

そういう個性を持つと煙たがられます。

 

多くの人は仲間はずれは嫌いです。

いや、嫌いというレベルではなく、おそらく怖いという表現の方が適切かもしれません。

 

自分の日常に直接的な影響を受ける可能性がある(と思う)からでしょう。

多くは精神的に。

 

なので、多くの人は自分をグット押さえて「他人と同じ」を演じている事が多いように見受けられます。

 

世の中は広い(日本だけでも!)のですが、なぜか自分が生きていく世界を小さく区切ってしまいます。

 

そしてその小さな世界で良い自分を演じて、ストレスを感じながら(人によっては感じない振りをして)窮屈な日常を過ごしています。

 

普通」という区切りを設けて。

 

自分もちょっと前までは同じ世界にドップリ浸かっていたので、そうなる「空気」は良く分かります。

 

でも、一度きりの人生なのに、何だかもったいないですよね。

 

ほんの少しの勇気さえ持てば、世界は大きく広がります。

 

もし現状に少しでも不満があるのなら、完全に独りぼっちの状態で、自分の望む未来を描いて見る事をオススメします。

物理的な現状とか過去とか一切無視して。

理想に溢れる未来をです。

 

楽しい時間ですよ。

 

すごい事が実現された未来を想像する。主人公(ヒーロー)は自分。

多くの人の笑顔に包まれている。

 

なんだかワクワクしてきませんか?

 

現状を変えたければ、まず自分の中で圧倒的にワクワクする事がポイントです。

 

現状に何かしらの不満があるのなら、それを単に見つめるのではなく、もっと大きく高い視点で全く違う方向から眺める方が解決への近道になります。

 

ワクワクの中に自分の想像をはるかに超える「機能」を世の中に提供できる事に気づくかもしれません。

 

必要なのはワクワク自己責任だけです。

 

たったそれだけで、窮屈で小さな世界を抜け出せます。

 

そこは「他人と違う」を受け入れてくれる大きな世界の入り口です。

 

考えるだけで眠れなくなる(実際は寝て下さい)楽しい毎日がどんどんやってきます。

 

ぜひ一度、ワクワクする未来を思いっきり想像してみてください。

 

そしてできるだけ大きな「機能」を世の中に提供してください。

 

自分のために。世界の未来のために。

———————————————————————————————

ご意見、ご感想、ご相談、何でもお気軽にご連絡ください。

励みになりうれしいです。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]