昨日の講義は初心者ゼロでかなり濃密

want to

昨日の講義は「ゼロからはじめるゴール設定」のお題に合わず、初心者ゼロで、かなり濃密な時間となりました。

一応幅広い層が来る事を想定して、かなり初心者の方が来ても理解してもらえるような構成にしていたので、プリンシプルは伝えつつ7~8割の内容が渡せれば十分かなと想定していましたが、見事に100%+α渡すところまでいきました。

参加者の知識量が深く、専門用語も躊躇なく使える環境だったのが大きいです。

講義に予定していなかった、ゴールとエフィカシーとドリームキラーと抽象度とランダム性と情報身体と物理抽象度と見える見えないと可能世界を1枚の絵で説明するという試みまでやりましたが、割と好評でいい感じで良かったです。(^^)

質疑では、近親者のコーチングについてなど実践的で幅広い話題もあがり、主催者としてもなかなか勉強になる濃密で良い時間でした。

普段コーチングをするときはあまり話すことはないので、ワークを交えながら理論を一気に伝えてインストールしていく時間はとても新鮮ですね。

(コーチングはティーチングではないので、基本あまり話しません。時折必要に応じてマインドの使い方を説明する事はありますが、基本はクライアントさんが話をされる中で自然にマインドの使い方を身につけていくよう促すだけです。表面上は楽に観えますが頭はフル回転していますので誤解なきよう(^_-)。)

 

次の開催は8/3(日)です。まだ残ありますので、オートパイロットでゴールに向かう方法について知りたい! ゴールのパワーを復習してゴールに向かいたい!

という方は、是非 8/3(日)の講義にお越し下さい。(残2席)

少人数開催なので、集まった方のLUBを取りつつプリンシプルをインストールしてお持ち帰りいただけると思います。

では、ゴールをオートパイロットで叶えたい方のご応募お待ちしてます!

 


【日時】
7月30日() 19:00 ~ 21:00
8月 3日() 16:00 ~ 18:00

【場所】 東京駅から徒歩6分の貸会議室
【受講料】

  • 10,000円 本講座のみ
  • 15,000円 本講座+ショートコーチング(20分)(ショートコーチングは本講座後または別日で調整)

【受講資格】 ブログ読者

【持ち物】 筆記用具と情熱。楽しむ気持ち!

【お申し込み】 お申し込みはこちらから

退職者応援キャンペーンも利用可能です!☆

☆関連記事:【募集開始】ゼロからはじめるゴール設定。さぁ走ろう!

いよいよ明日開催! ゼロからはじめるゴール設定。さぁ走ろう!

Happy young woman flying with colorful balloons

明日のテーマはオートパイロットを乗りこなすためのゴールの使い方です。

ゴール設定は、人生をオートパイロットで豊かな世界へ連れて行ってもらう最初の一歩です。

ゴールの設定と運用が上手に出来れば、オートパイロットに必要な作業の多くがほぼ終わったと言っても過言ではありません。

ただ使いこなすには、ゴール設定がなぜそうなるのかという仕組みを、腑に落ちるレベルまで落とし込む事が大切です。

中途半端な理解は、途中で迷いが出て逆に宙ぶらりんになったりして大変な思いをするかもしれません。

サッカーのルールを覚えてパスもできるようになったからと言って、いきなり試合でボランチ(中盤の要)に入れられてもオロオロしてる内に何の貢献もできずに試合が終了してしまうようなものです。(あってるか?)

もちろん知識を1から1000まで全部身につけて、かつ運用できるのが理想ですが、忙しい現代を生きる皆さんは何もかもに100%の力を注ぐことは難しいでしょう。

ゴール設定もオートパイロットも、究極的には生活で使えてナンボのツールです。特に最初は。

なので今回の講座は、専門用語は最低限に抑えつつ、オートパイロットに使えるゴール設定を身に染み込ませて持ち帰っていただくつもりです。

<レジュメから>
1.人の仕組みを上手に利用しよう。仕組みに逆らっても疲れるだけ
2.Want toゴールを設定すると人生楽しくなる
3.現状外のゴール設定を体験してみよう
4.目差せワクワクする世界、オートパイロットを乗りこなそう

こんな内容を身体に染み込みやすいようワークを多めに入れて進めていきます。

仕事帰りで疲れた頭もリフレッシュすること請け合いです。

当日の受付も大丈夫ですので、お時間あるかたは、ぜひオートパイロットを乗りこなすためのゴールの使い方をインストールしに来てください!

お待ちしてます!

ゲストコーチと共に、間に深いリラックスも挟んでいくのでお楽しみに!

内容は参加者の状況により多少変わるかもしれませんので、そこら辺はまた別な期待を。(^_-)


【日時】
7月30日() 19:00 ~ 21:00
8月 3日() 16:00 ~ 18:00

【場所】 東京駅から徒歩6分の貸会議室
【受講料】

  • 10,000円 本講座のみ
  • 15,000円 本講座+ショートコーチング(20分)(ショートコーチングは本講座後または別日で調整)

【受講資格】 ブログ読者

【持ち物】 筆記用具と情熱。楽しむ気持ち!

【お申し込み】 お申し込みはこちらから

退職者応援キャンペーンも利用可能です!☆

☆関連記事:【募集開始】ゼロからはじめるゴール設定。さぁ走ろう!

人生はオートパイロットで豊かになる

空飛ぶツールマン

みなさんご存じの通り、ゴールはオートパイロットで人生を豊にしてくれる素晴らしいツールです。

心から向かいたい目的地をセットしたら、後は淡々とゴールに向かっていく様子を味わえばいいとてもワクワクするツールですね。

オートパイロットを上手く使うコツは、意識で一々邪魔しないことです。意識はお茶でも飲みながら次のゴールを考えて淡々と過ごしていきましょう。

途中何かアクシデントが発生したら、意識に要点をまとめた報告書が提出されてきます。

その時はナビに必要な情報を付加して、「ゴールに沿った答えをよろしく」とあなたの頭蓋骨に納まる超高性能並列マシーンに回答を指示してあげましょう。

程なくゴールへ向けての行動が指示されはじめるので、後はまた淡々と従うだけです。

この時も意識で余計な介入はしないように注意しましょう。

「無意識さんはそうおっしゃいますが意識ある私としましては…」という余計な提案はいりません。

ただし、チェックは重要です。その指示が本当にゴールへ向かっているものなのか、実は強烈な現状維持のホメオスタシスが生成してきた偽指示なのかはしっかり観る必要があります。

以前クライアントさんが「現状に引き戻される大きな波」ととても上手な表現をされていましたが、現状へ回帰する力は恐ろしく強くそしてしたたかに忍び寄ってきます。大事なのはその波を見分ける事です。

でも見つけても直接戦ってはいけません。ホメオスタシスと直接対決しても勝てませんから。意識で戦おうとすると疲弊してストレスが溜まるだけですので、それはやめましょう。

そんな時、必要なのはゴールの確認です。

ゴールが現状の外にあり、心からのwant toであり、しっかりと臨場感が上がっていれば、ほとんどの指示は正解です。チェックを入れつつも安心して自信を持って進みましょう。

オートパイロットに乗ると、圧倒的な生産性が発揮されるのに気持ちは楽になり、余計なストレスも生まれません。

恐らくゴール基準で生きていなかった時の悩みの多くは、オートパイロットに乗った時点で消滅し始めるでしょう。

もし、オートパイロットの指示に疑問を感じて立ち止まる無駄な時間余裕が多くなるようなら、ゴールの確認に目を向けると良いでしょう。ココで「なぜ?」はいりません。ゴールの確認と更新で十分ですので、そちらにエネルギーを注ぎましょう。

冒頭に書いたとおり、ゴールは目的地でもありますが、人生を豊にしてくれるツールでもあります。

なので上手な使い方を覚えて、生活に生かして欲しいと思います。

例えば、「金槌(かなづち)は頭部もしくは全体が金属製の鎚で、その金属部の材質は…」という理論(知識)はとても大事ですが、金槌は叩いて何ぼのツールです(もちろん文鎮に使ってもOK (^_-))。(知識がないものは認識できないので最低限の知識は重要です)

金槌を知ったら、道具箱にコレクションして永遠に眠らせておくのではなく、オリジナルの椅子や机や家を作るためにどんどん活用して欲しいです。

今回のセミナーのゴールはまさにそこにあります。

今回は「Want to ゴールマインド」を如何に持ち帰って活用してもらうにフォーカスを当てます。

「知ってる」より「使える」を重視です。

なので専門用語の羅列や解説は最小限に抑え、本質的な意味を体感で持ち帰ってもらえるようなワークを多く取り入れたいとギリギリまで改善を続けてます。
(理論だけゴリゴリやるととてもとても2時間では終わりませんので。 (^^))

もちろんしっかり使えるようになって欲しいので、セミナー後のメールフォローもちゃんと行いますのでご安心ください。

7/30(水) 残り3席。 8/3(日) 残り4席。

ぜひ、お時間合う方は、want to ゴールマインド をインストールしに来てください。

お申込お待ちしております!


【日時】
7月30日() 19:00 ~ 21:00
8月 3日() 16:00 ~ 18:00

【場所】 東京駅から徒歩6分の貸会議室
【受講料】

  • 10,000円 本講座のみ
  • 15,000円 本講座+ショートコーチング(20分)(ショートコーチングは本講座後または別日で調整)

【受講資格】 ブログ読者

【持ち物】 筆記用具と情熱

【お申し込み】 お申し込みはこちらから

退職者応援キャンペーンも利用可能です!☆

☆関連記事:【募集開始】ゼロからはじめるゴール設定。さぁ走ろう!

答えはそこにあるのに見えないのは悔しいよね

books

苫米地博士(以後博士)の本は毎回読む度に新しい発見があるのが面白いです。

本人曰く「ど素人」から新たに出版社を立ち上げ、ゴール設定を体現しながら出版された「立ち読みしなさい!
」を今日(何度目か分からない)再読しました。

この本は、生まれてはじめて過去の束縛から離れ、未来を基準に生きようとする人にとても分かりやすい本の1つだと毎回思います。途中ストーリー性のあるマンガがあるのもポイントですね。

この本と「まずは親を超えなさい!」「コンフォートゾーンの作り方」「「言葉」があなたの人生を決める」辺りをまとめて読むと未来を基準に生きる方法について、相当のプリンシプルが身体に染み込むよう書かれている気がします。
(他にもゲ…といったら切りがないので勝手区切りのこの4冊でstop!)

ただ「書いてあるから読める」かどうかは読み手次第の部分もあります。

私も博士の主宰するコーチング認定講座やセミナー等で色々学ばせてもらってますが、時折博士の本を読み直したとき既に「その事」がサラッと書かれている事を知り、唖然とする事があります。
(博士は書籍を書かれるとき、漢字ひらがなを含め使われる言葉に一つ一つにも徹底的にこだわられるようです。確かに何十冊も一気に俯瞰して見たときそのこだわりも良く見えます。)

こういうこと体感している方、以外にいませんかね?

もちろん「その事」を本だけから吸収するのは相当の技量がいると思いますが、正しい知識を得てから観ると「あれ? 書いてる!?」とその絵(情報)がクッキリと見えてきます。
(セミナー等の内容が1から10まで書いてるわけではないので、誤解なきように。)

これは良くこのブログでも取り上げる、RAS機能の現れの1つですね。

知識がない=その言葉の現す正確なイメージが掴めない=重要ではない(重要さが判断できない)=余計な情報だから脳資源節約のためスコトマに隠してしまおう。

みたいな感じですね。
(逆に中途半端な間違った知識もスコトマを生むからやっかいですが…)

これは現状外のゴール設定とスコトマが外れる仕組みとも似てますね。

まずゴールを設定しないと、そこに向かうルートに目が向きません。(物理的な目ではないですよ (^^))

ただ目が向いても必要な知識がないと、そのルートを認識することができません。

人は知らないものは認識出来ませんから当然ですね。

例えば、我々は1万円札がお金だと知っているから落ちてたら拾いますが、知らない人には紙くずにしか見えないので目にも止まらないでしょう。

また、iPhoneは携帯電話だと知っているから本体から軽快な呼び出し音が聞こえてきたら耳に当てて「もしもし」と答えますが、一昔前のiPod(携帯電話機能なし)しか知らない人だったら踊り出してしまうかも知れません。w

良く勘違いされやすいですが、ゴールを設定して目が向いただけでは何も見えません。(認識の観点から細かい議論を少し省略してます)

見えたものを認識するための知識は当然必要です。

苫米地博士もいくつかの書籍で、スコトマを外すのに書籍等の活字からの知識は欠かせないと言われます。

その知識も自分の思考を通した知識が重要であるとも。

ただ知識を書籍等だけから得ようとするとかなり大変です。なぜなら書籍は言語で書かれています。

言語から想起出来るのは、自分の知っている知識の範囲のみです。

なのでランダムに多くの書籍を読むことを苫米地博士は推奨されていますね。
(ランダムに読むのは別の意味のスコトマ外しもあります)

確かに文字からの情報獲得はとても大切だと実感しますが、人生で使える時間は限られてるので、全ての知識を書籍から得るのは至難の業です。
(速読で済むような軽い内容ばかりなら別ですが…ゴミはたくさん入れてもゴミしか出ませんし..Garbage in Garbage outです)

その困難さは一度国立国会図書館に行って見ると体感できでいいかもしれません。かなりの絶望感が味わえます。

書籍などの文字(言語)から情報を得る事は間違いなく大切ですが、人生を有意義に使いたい私たちは効率的に色々なものをどんどん活用すると良いと思います。

マットリドレーの「繁栄」ではないですが、幸せな事に現代は交換と専門分化により高度な技能、情報、商品が安価で手に入り利用出来ます。

アウトソーシングサービスであったり、医療だったり、弁護士であったり、飛行機やタクシーであったり。

専門分化で高度に発達した情報とサービスを上手に利用して自分の時間を確保し、確保した時間の全てを自分のゴールのためだけに使っていくのが、良い人生を創っていくのに大切かなと思います。同じ時間は2度と現れませんし。

そういう意味でも、もうすぐ開催する講座など有効活用してもらえると嬉しいと思います。

私たちプロコーチはマインドの正しい使い方について、あなたよりほんの少し多くの知識があります。(ベースとなる認知科学の世界は果てしなく広くて深いので「ほんの少し」です w)

私もマインドの使い方を教える専門家として、当然の如く多くのエネルギーと時間を費やしています。

なので速やかにゴールへ向かうマインドを手に入れて、その後の大切な人生時間とエネルギーを有意義に使いたい方に、ぜひプロコーチを活用して欲しいなといつも思います。

今度のセミナーも、そんな想いで開催予定です。
ぜひ余計な時間をかけずに使える技術をサッと身につけて、それぞれのwant toな世界へどんどん走り出していく方になってください。

残り3席。迷っている方は是非この機会にどうぞ。

詳細はコチラ

時間は自動的に過ぎて行くので、自分でゴールを決めて進む快感を早めに身につけてください。圧倒的にワクワクする楽しい世界です。
寿命1000歳に至ってない私達にとって、時間は交換の効かない平等で大切な資源ですから。

 

ゴールが生み出すモチベーション

your goals in wood type

来週に迫ったセミナーのコンテンツが想像以上に盛りだくさんになり、「本当に2時間で終わるのか?」と少し心配しつつも、「まぁ来る人のモチベーションがガツンとあがるから大丈夫でしょ」といつもながら楽観的に進んでおります。(^^)

一応「ゼロから」を謳っているので、言葉の説明は一通りやる予定です。言語空間の共通イメージは大事ですから。
ですので全く知識ゼロの方(知識があやふやな方も)でも安心して参加して下さいね。

現状外にゴールを設定してワクワクしたストレスフリーの毎日を過ごす方法をゼロから伝授いたします。

今回はかなり人数を絞って実施しますので、質問などもいつも以上にしやすい雰囲気になると思います。

今回は理論を理解すると共に実生活で使っていけるようゴール設定の意味を体感的に掴んで帰ってもらうべく、ギリギリまで全力で良いものに仕上げて行きますので参加予定の方は楽しみにしててください。

ところでモチベーションという言葉が出てきたので、もしかしたら「??」と思った方もいるかもしれないので少し説明しておきます。

モチベーションには2種類あります。
建設的動機と強制的動機です。

建設的動機とは、自分自身が価値をおいている対象に向かう「~したい」という意思により生まれるものです。

want to
強制的動機とは、外部からの働きかけで「やらなければならない」という気持ちで起きるものです。

やる気ないサラリーマン
強制的動機には、「~しなければ」とか「仕方がない」というようなセルフトークがついて回る事が多いです。
例えば「給料のために仕方がないから目の前の仕事をやる」みたいな感じです。

 

もう答えが書いてあるのでお分かりかと思いますが、建設的動機は want to で生まれ、強制的動機は have to で起こされるものですね。

have toは、先日の記事でも書いたとおりクリエイティブアボイダンスを生みますし、非常に生産性が悪くなるので避けたいところです。

ただ、have to か、want toかは起きる事象そのものではなく、捉え方の問題になります。

ゴールを目差すと目の前に沢山のタスクが現れてきます。(目差さなくてもタスクは生まれますが…)

例えば、目の前にレポート作成というタスクがあるとした場合、ゴールに必要な過程と捉えてwant toでやるか、コレ仕上げないと怒られるからとhave toでやるかで、その品質もかかる時間もかなりの差が出てきます。
want toでやれば如何に高い品質で時間内にできるかに創造性と集中力を発揮しますが、have toでやれば如何にレポートを回避するかという事に創造性を発揮しはじめます。
何事もwant toでいきたいですよね。

ただココで間違えて欲しくないのは、want toかhave toかは、今目の前の事をやりたいか、やりたくないかではないという事です。
あくまでも基準はゴールになります。

本来ゴールに向かう事は全てwant toになるのですが、もしかしたら目の前のタスクがhave toに感じる瞬間があるかもしれません。

その時「have toと感じてはいけない」というようなセルフトークはしないでくださいね。それもちゃんとwant toの1つなのですから。

そこら辺について、博士の書籍に書かれているコーチングの祖であるルー・タイスのエピソードが分かりやすいので引用します。

国立競技場

<引用開始>
ひとつの事例として、能力開発の世界的権威であり、私の仕事上のパートナーでもあるルー・タイスが、ケニアの長距離ランナーをこーちしたときのエピソードをご紹介しましょう。

その長距離ランナーは、モントリオールオリンピックに向けて猛練習の真っ最中でした。

あるとき、ルーにこう相談をしてきたそうです。
「最後の4分の1マイルになると、頭が痛くなり、胸が焼けるような感じになってしまい、走れなくなる。どうしたらいいだろう」と。
そこでルーは「最後の4分の1マイルがきたら、トラックから出て座れ」とアドバイスをしました。当然、そのランナーは「そんなバカなことをしたら、他のランナーに抜かれてしまう」と答えたそうです。
しかし、ルーはさらにこう言いました。
「そうだよ。だけど、頭痛いし、胸も痛いわけでしょ。トラックから出て座り込めば、その問題は解決するよね」と。
ランナーはさらに食い下がります。
「でも、自分はオリンピックで勝ちたい。オリンピックで勝てば、ウシを1頭もらえるのだから。コーチならば勝つ方法を教えてくれ」と。
ルーはなんと言ったと思います?
「だったら、シャラップ&ランだよ」
つまり、黙って走れ、とアドバイスをしたのです。
ルーには、そのランナーがクリエイティブ・アヴォイダンスを発揮していたことが分かっていました。残り4分の1マイルになると、あまりの苦しさで、走る事が「Have to」になってしまい、無意識が「走るのをサボろう」と考えて頭や胸に痛みを引き起こしていたのです。

<引用終了>

そう、目の前のタスクが重く感じそうになったり、have toに感じそうになったら、単に「シャラップ&ラン」です。

もちろん、その前提のゴールがwant toである事は絶対条件です。

ゴールに疑いがあるとwant toになりきれません。ゴール設定は全てのはじまりで、一番大切な要素です。
(ただ本当のゴールが見つかるのは少し時間がかかるかも知れませんので焦らないように。)

色んな方法論を模索するより、ゴールをキチンと設定する方が圧倒的に成果がでます。

なのでゴール設定は丁寧に、かつ何よりも最優先にやりましょう! (でもあまり時間はかけ過ぎないように!)

そして、ゴールに引っ張られるストレスフリーでワクワクする毎日を楽しみましょう。

güne iyi başlamak


 

 

ゴール設定の基本をゼロから学びたい! キチンと自分の人生で運用出来るようになりたい! という方は、是非セミナーにおいでください。

あなたの参加をお待ちしております!

お申込・詳細はコチラ

 

 

情報が物理を造る感覚は前屈すると分かりやすいかも

Cheerful smiling child at the blackboard.

突然ですが、前屈得意ですか?

実は最近、前屈を教える機会がたまにあります。

半年前まで指先から遙か遠いところに地面があった自分が、まさか他人に前屈を教えるようになるなんて…かなり不思議な感じがします。

前屈は、骨盤、股関節、腰椎など色々な場所をコントロールして身体を正しく動かす必要のある運動です。

特に股関節周りは、胴体から足へ血液を送るための太い血管が通っており、その周辺の筋肉を柔らかく保つことは血の巡りを良くし体内環境を整えホルモンバランスを良くして代謝機能を上げるのに有効です。

ホルモンバランスが乱れると生理痛や肌荒れの原因にもつながるので、特に女性は気をつけたいですね。

また代謝機能の向上は冷え性の改善や疲れにくい体質につながるので、男女問わずあげていきたいところです。

代謝がよくなるとダイエットにも有効なので、体型が気になる方にもオススメの運動です。

他にも骨盤が使えるようになると、姿勢もよくなり、立ち姿も美しく凝りにくい体質になります
前屈は手軽で気持ちのいい運動ですが、苦手な人も結構多い運動ですよね。

そして苦手意識がある方の多くが、実は記憶のフレームが原因で前屈ができないのをご存じでしょうか?

「自分は身体が固い」という記憶のフレームです。

では身体が固いとは、どこを差すでしょう?

たいていの人は、「股関節」と「ハムストリング(大腿裏の筋肉)」を差しますが、実際そこが原因になってくるのは前屈が相当進んでからの話です。

まぁ少なくとも両手が地面に着くくらいまでは、まず問題にならないと思って大丈夫です。

股関節の柔軟性の目安は、普通に階段を上り下りできる程度で問題ないですし、ハムストリングに至ってはかなり前屈が進むまでは多くの場合問題になりません。目安としては、下腿に頬がスリスリできる位です。

実際前屈は情報空間(記憶のフレーム)を操作するだけで、誰でもできるようになります。

では、「前屈ができない」という記憶のフレーム(以後 ダメフレームと呼びます)は、どうやったら操作できるでしょうか?

ポイントは、知識と身体の正しい地図(+脳だまし)です。

知識とは、身体の構造(動く仕組み)を良く知る事です。動かない解剖学ではなく、動く解剖学の理解です。

例えば正しい股関節の位置を知る、というのもその1つです。

前屈は股関節から折り曲げる運動なので、股関節の正しい位置を知るというのはとても重要です。

そして意識で理解するだけでなく、脳にもその位置をしっかりと教える必要があります。

何故かというと、身体の動きのほとんどは無意識で行われるからです。

足を動かすとき、恥骨筋や梨状筋の動きは意識にあがりませんし、腸要筋に4.5%の力で収縮させてとか意識して動かしませんよね?

意識からすると、基本的に身体は無意識のオートパイロットにお任せ状態です。

そのオートパイロットは無意識が把握している身体の地図を基準に動きます。

前屈で言えば、股関節の位置が実際より上にある(多くの場合そうです)という地図を持っていれば、腰椎から身体を折り曲げようとし始めます。

こんなかんじですね。

ストレッチする女性

腰椎は柔軟な関節ですが、股関節程大きく折れ曲がったりはしません。
(このまま無理に曲げようとすると、腰痛の原因になりますのでご注意を。)

正しい股関節を脳に教えるポイントは、正しい位置を「触る」事です。触るとリアリティがあがり、身体の地図が修正されます。

Fotolia_63535466_Subscription_Monthly_M_丸付き

ただし、一度創られた身体の地図は結構強固なので、上記で修正されない場合もあります。

その時は、逆向きに大きくずらす事です。例えば大腿の中央付近を股関節にしてしまいましょう。

この時も大事なのは「触る」です。意識で「でも股関節じゃないし…」とか分かるのはどうでもいいので気にしないでください。

触っている場所が股関節であり、そこから曲がるというリアリティを持って下さい。

簡単ですが、この2つのポイントだけでも前屈は相当できるようになりますので、ぜひ試して見てください。
(他にもポイントは色々あるので興味があればコチラを観てください)
記憶のフレームが上手く更新出来れば、今前屈が全然できない人ならあっという間に-30cm位はいくと思います。

Beautiful woman is working out

実際私はごく短期間に+17cmから-17cmへ一気に進みました。(^_^)v かなり楽しいですよ。

フレームの更新で、1つだけ注意点があります。それは、新フレームで動作中に古いダメフレームを持ち出さないようにすることです。

具体的には、「ハムストリングが固い」や「股関節の柔軟性が…」という部分に目を向けないことです。

目を向けた瞬間に古いダメフレームが登場し、固い前屈に戻る場合があります。(慣れるとちゃんとフレームを選べるようになります)

前屈のダメフレームは、小学校低学年から長い期間をかけて積み上げられたかなり強固なフレームなので、もしかしたら最初は上手くいかないかも知れません。

もし動作が上手くいかなかったら、ダメフレームが強化されるだけなので、そのまま続けないで下さい。

一旦動作を止めて、再度しっかりと身体地図の更新から始めて下さい。
最初に書いたように、前屈は良い事がたくさんあるので日常に取り入れていただくととてもいいですが、今回はそれだけではなく、情報が物理を変える感覚が分かりやすいので、是非実践してみて欲しいと思ってこの記事を書きました。

Touching responsive futuristic interface

我々がゴールを目差すとき、ゴールの世界は情報の世界でしかありません。

情報が物理に現れるというのは知識として理解しやすいですが、なかなか体感レベルまで落とし込めないという方も中にはおられるようです。

前屈は、その感覚を体感して得るのにとても分かりやすい運動です。
(特に今前屈が苦手な方や身体が固いと思い込んでる方は大チャンスです!)

世の中で常識のように言われる、お風呂上がりにンションショやって筋や筋肉を伸ばす必要は全くありません。物理に働きかけるのではなく、情報空間に働きかけましょう。

結果は身体に現れます。とても分かりやすくフィードバックがとれます。

上手くいかない時は、身体が固いからではなく情報空間の操作が上手くいっていないだけです。
あなたが階段を上り下りできるほど股関節が柔らかいならなら、恐らく柔軟性に問題はありません。

物理ではなく、情報空間にしっかりとしたリアリティを持つ癖をつけていきましょう。

情報空間に対して自然にリアリティを持てるのは、ゴールに素早く到達できる大事な要素の1つです。

ぜひ、楽しみながら頭も身体も柔らかくしていきましょう。

ワクワクするゴールと人生のために。


 

7/30(水)、8/3(日)に、色々なワークを取り入れながら、ゴール設定する意味と達成方法についてゼロから学べる講座をやります。

お時間があえば、是非お越し下さい。

圧倒的にワクワクする人生を送るコツを楽しみながら身につけていきましょう!

あなたの参加をお待ちしております!

お申込・詳細はコチラ

 

世の繁栄を支えるのは、みんなが want to Life を送ることかも

Beautiful young woman relaxing in the room

マットリドレーによると今日の繁栄と豊かさは「交換」と「専門分化」、そしてそこから生まれるアイデアのセックスにより成り立っていると言われます。

特に現代は人との関わり無しに生きていくことは到底考えられない程、世界中の人が繋がることで生活ができていることを実感します。

しかも普段あまり意識しませんが、ちょっと昔とは比較にならない程豊かな生活が得られています。

蛇口をひねれば当たり前のように水が出てきますし、ガスを捻って(今は電気かな)5分もすれば暖かい珈琲を飲むことができます。奴隷を雇わなくても10分足らずで朝食にありつけ、暗くなればスイッチ一つで自分専用の明かりを灯すことができます。

これらは交換と生産分化の賜物ですね。どれ1つとっても、自分一人で為し得ることはできません。

たとえあなたが誰とも関わり合いたくないと思っても、その生活(衣食住+α)は交換と専門分化による産物で支えられています。

もし全てを一人で行おうとすると、自分で木を育て木材に加工して(その前に加工する道具をイチから作成して)家を建て、裸で井戸を掘り(洋服がいるなら糸から生成)、自分で肥料を造り、育てた作物だけを口にするのなら可能でしょうが、現実的にはかなりの困難が予想されます。

でも世の中には面白いことに挑戦する人がいます。

イギリスの青年トーマス・トウェイツはトースターをほぼイチから作り上げるというチャレンジをし、途中少しだけズルをしながらも数ヶ月の期間と多額の費用(1187.54ポンド)をかけて完成までこぎつけました。ただ残念ながら実用的な完成には至らず、通電後5秒間であえなくトースターはお役御免となったようです。
トーマス・トウェイツ:トースターを1から作る方法 TED

トーマス・トウェイツが目差したトースターは、街に出れば1時間程度の労働賃金(4ポンド)で手に入ります。

多くの人が関わり専門分化したことにより、限りなく少ないコストでモノが作れるようになり、そのモノが交換されることで、さらに専門分化が進んでいきます。

そしてその中で生まれるアイデアのセックスが、また新たな価値を生み出し、さらなる繁栄へと繋がっていくのでしょう。

そのおかげで、我々はかつてのルイ14世以上の晩餐にありつけ、ルイ14世が目にすることを夢にも思わなかったような何百という土地に飛ぶことができ、専任の仕立屋を雇っていなくてもインターネットで高品質で手頃な値段の服をほとんど無限の種類の中から選び手に入れる事ができるのです。

When ideas have sex TED)

 

今身の回りのものをざっと見回してみても、イチから自分で作れるものが一体どれだけあるでしょうか。

恐らくほとんど見つからないですね。

 

マットリドレーの言うように、専門分化やアイデアのセックスが人類の繁栄につながるのであれば、その根源となる人は want toの人が良いでしょう。

なぜならハーバードビジネススクールとコーチングの権威 ルータイスとの共同研究で、want to は have to の700倍も効率的であるという驚きの結果が既にしめされているからです。

人は want toで仕事をすると、いかにゴールに早く到達できるかという事にクリエイティブになります。ゴール達成のために色んなアイデアが湧いてくるし、仕事に必要な知識もどんどん吸収していきます。

逆に have to で仕事をすると、いかにゴールの邪魔をするかという事にクリエイティブになります。やりたくない仕事を回避するため今やる必要のない事をあれこれ思いつき、いかに学ばないかと言うことにエネルギーを注ぎます。今必要のない掃除や片付け、調べ物などをはじめてしまうなど、その逆向きのクリエイティブさは感心します。

 

世の名がwant toのゴールに向かう人だらけになると、世の中全体がより繁栄すると共に、全体の笑顔の量も増えると思います。

なぜならwant toで生きている人は、そもそも他人と比較する必要もないし、ワクワクするから毎日楽しくて仕方ないのです。
そんなワクワクしている人が、他人をいじめたり、蔑んで差別をしたり、他人に冷たくする事はないと思います。

そうなるといろいろなトラブルの元もなくなり、平和で優しい世の中になってくるなと、自分は思います。

少し「繁栄」の話から事が大きくなりましたが、今あなたに伝えたいことは、まずは自分のwant toで生きましょうということです。

他人の価値感に彩られた have toではなく、自分が心から願う want toのゴールに向かって毎日を過ごして欲しいのです。

なぜか? その方が毎日ワクワクして楽しいからです。(^_-)

恐らく今あなたが思いつく悩みのほとんどは、want to ゴールの生活で解消されていきます。

 

では、実際どうするかというと、簡単に言えば、束縛外してゴール決めて進めばOK! なのですが、実際どうやって良いか分からない方や、分かったような気はするけど… という方も多いと思います。

そんな方向けに、今月の30日(水) 19時~、と、8/3(日) 16時~ に、「ゼロからのゴールを設定」と題して講座を開きます。
場所は東京駅から徒歩6分と非常にアクセスの良い場所です。

 

当日はワークを交えながら、ゼロからゴールを設定してワクワク生きていく方法をお伝えしていきます。

現状外のゴールって何? どうやって叶えるの? 過去は関係ないってどういうこと?…などなど抱きやすい疑問を解消していきながら、最終的に自分でゴール設定してwant to人に変わっていけるようになります。

少人数でアットホームな雰囲気での開催になりますので、普段抱いている疑問、質問もドンドンお聞きいただけます。

7月開催分は、もう一人コーチを招待する予定なので、更に濃密な時間になると思いますよ。(^^)

お時間合う方は、是非この機会に want to人になりにきてください。

あなたのご参加、お待ちしております!

 

お申込・詳細はコチラから

Skypeによる遠隔コーチングはじめました

skype

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

今回は、skypeを利用した遠隔コーチングセッション開始のお知らせです。

これまでコーチングセッションは、全て対面で行ってまいりました。

理由は、直接お会いした方が全モーダルチャンネルから多くの情報を確認でき、こちらからの働きかけも行いやすく、受け取るクライアントさんも情報チャンネルが増えるので効果が高いからです。

この考えは今も大きくは変わりません。

ただクライアントさんによっては、時間がどうしても合わない方や、遠方や海外在住にお住まいでなかなかお会いできない方もいます。

また最近は、ネットワークの品質があがり、情報を送受信する時の圧縮伸張技術も格段に進歩しており、skype等の動画通話サービスを利用してもそれなりの情報がリアルタイムに伝わるようになりました。

そこで、今月から試験的にskypeによるコーチングを実施することにしました。

しばらくは対面との違いや、品質確認(コーチングではなくチャンネルの)をしながらという感じなので、セッションは当面無料で行います。(1日1名限定)

しばらく無料でセッションを行い、安定的で好評なサービスを提供できるようなら、今後通常メニューに組み込んでいこうと思います。

物理的な移動を伴わないので、曜日時間帯等は、対面よりも柔軟に対応可能と思います。

 

今回のサービスは、次のような方にピッタリだと思いますが、特に制限はないのでどなたでも気軽にお申し込み下さい。

◆小さいお子様と二人暮らしで、出掛ける時間の約束が難しい方

◆海外や交通不便な地域にお住まいの方
◆トライアルコーチングを受けてみたいけど長距離移動が難しい方

 

<セッション内容>

セッション料金:当面無料(1名/日 限定)
セッション時間:25分

「skypeでやってみたいけど、やり方が分からない」という方には1から手順をお伝えします。
スマートフォンの場合は本体があれば大丈夫です。iPhone, iPad, Android いずれもOKです。

パソコンの場合は、インターネット回線とWebカメラ(マイク内蔵)があれば大丈夫です。

お申込はコチラから

 

では、あなたからのお申込を楽しみにお待ちしてます。

 

【募集開始】ゼロからはじめるゴール設定。さぁ走ろう!

Happy young woman flying with colorful balloons

ゴールに引っ張られる人生、楽しんでますか?

同じコツコツでもゴールに引っ張られると楽しくてたまりません。

楽しい事は効率があがり、成果も出やすくなります。

つまらないことをイヤイヤやるのは非常に非効率です。

みなさんも嫌な仕事を目の前にすると、今やる必要のない事をし始めたりすることありませんか?

アメリカでの統計によると、have toでイヤイヤながら仕事をする場合と、want toで楽しみながら仕事をする場合で、その効率は700倍も違うという調査結果がでているようです。

恐ろしいですね。

ちなみに嫌な仕事を避けるため、今やる必要のない行為を思いつく事を、クリエイティブアボイダンスといいます。日本語で言うと、創造的回避です。

〆切りが迫ったレポート作成を目の前にして部屋の片付けをはじめたり、試験勉強したいのに関係のない調べ物しはじめたり、みたいなことです。

せっかくの創造性は人生を邪魔するためでなく、プラスに使いたいですよね。

人生を豊にするには、現状の外に設定したゴールを基準にして毎日を過ごしていくのが一番です。(そのてんこ盛りなメリットは、ぜひ過去記事もごらんください)

そこで、より多くの人が自分で決めた未来(現状外のゴール)を基準に過ごしていけるよう、頭の中身を180度入れ替える講座を実施します。

現在の「過去から未来」脳から、未来基準の「未来から過去」脳に変貌していただきます。

前提知識ゼロで大丈夫です。(^^)

しかもたった2時間で、「未来から過去」脳を体感してお持ち帰りいただきます。

自分で言うのもなんですが、かなりお得な講座です。(^_-)

 

今の生活を変えたい!

もっとお金持ちになりたい!

自分で決めた人生を歩んでみたい!

毎日笑顔で余計なストレスのない生活をおくりたい!

世の中の人をもっと笑顔にしたい!

 

こんな想いを持つ人は是非おいでください。

ゴール(未来)基準になると、人生が大きく変わります

余計なストレスがゼロ毎日want toだけの生活です。

 

一度きりの人生ですから、過去の囚われから解放されて、自分の選択で未来を創りワクワクしていきましょう

正しい運用ができれば、誰にでもできる普通のことですから。

では、want to人になりたい多くの方のご参加おまちしています!

少人数で人生が変わる濃密な時間を楽しみましょう!


【日時】
7月30日() 19:00 ~ 21:00
8月 3日() 16:00 ~ 18:00

<募集終了>ご応募ありがとうございました。

【場所】 東京駅から徒歩6分の貸会議室
【受講料】

  • 10,000円 本講座のみ
  • 15,000円 本講座+ショートコーチング(20分)(ショートコーチングは本講座後または別日で調整)

【受講資格】 ブログ読者

【持ち物】 筆記用具と情熱

【お申し込み】 お申し込みはこちらから

退職者応援キャンペーンも利用可能です!☆

☆関連記事:人生はオートパイロットで豊かになる

退職したらやること<3.ゴールの世界を快感に>

Girl and Globe

現状外のゴールは、もう設定しましたか?

まだの方は、まずは何を差し置いてもゴール設定をしましょうね。

職安に行く前に、バイトの募集広告見る前に、あれこれ悩む前に、まずはゴールを設定しましょう。

全てをゴールから考えるクセがつくと、無駄な時間が減り人生が加速していきます。

ワクワクした楽しい人生ですね。

 

世の中には先に行動を変えて自分を変える、というやり方があるようです。

確かに人は笑顔で悲しむことは難しいですし、頭を垂れてうつむいたまま幸せな気分にはなりにくいように、行動は情動に働きかけますし、ある行動を続けることで行動の性向を変えていくこともできなくはないでしょう。(支えの弱い「根気」が必要になりそうですが…)

ですが、変えたい行動そのものが他人基準(他人から植え付けられた価値感)で選ばれたものであれば、行き着く先は新たな奴隷への道になる可能性が高そうです。

目の前の行動を変えるとゴールに近づきそうな気がするのは、仏教の盛んな見知らぬ土地に行くと本当の自分がみつかると勘違いしてお出かけしていく旅行者にも似て見えます。

未来は自分の意思で決められるので、わざわざ退職してまで新たに良い奴隷になる道を目指すのではなく、ゴールを基準にして自分で未来を創って行く日々を過ごしていきましょう。

現状外のゴールが基準になれば、日々の行動は自ずと変わってきます。

現状外のゴールは過去の延長線上にはないから当たり前ですね。
でも実際に現状外のゴールに引っ張られるようになるには少しコツがいります。

それは「ゴールの世界を快感にして到達を確信すること」です。

2つの要素が含まれています。快感と確信です。

まずはゴールの世界を現状の世界より圧倒的に快感にしてください。

ゴールの世界を想うとヨダレが垂れて止まらず、高揚してずっとニヤニヤ笑っている位気持ちの良い状態です。
(表現は比喩です ^^ )

想うゴールの世界は、到達したときの周りの風景、周りの人達、自分の格好、出入りする場所の情景、その時の感情など、その世界を可能な限りリアルに描いてください。

もし必要なら、ゴールの世界で得られるであろう感覚に類似するものを見つけて、実際に体験してみてください。

例えばゴールの世界で高級ホテルを定宿にして世界中を飛び回っているのが普通であれば、実際その場所を訪れたり宿泊してみたりして、そのリアリティを五感で持ち帰り、ゴールの世界に取り入れましょう。

現状は物理も伴うため、ほっといてもリアリティが強いです。
でもそれに負けないリアリティと快感をゴールの世界に保ち続けましょう。
それができればホメオスタシスという強烈な見方が付くので、ゴールがグッと近づいて来ます。

Exotic-Holiday

そしてゴールへの確信を持ちましょう。

自分で決めた未来なので、行けるのは当たり前です。

根拠など一切不要です。大丈夫、必ず行けますから、余計な事は一切考えず、ただただ確信してください。

圧倒的にリアルなゴールへの確信は、情報空間を書き換え、実際の行動を変えてきます。

ゴールを基準とした脳の創造性により無意識の行動が変わるという言い方をしても同じです。
(もちろん意識に拒否権はあるので拒否すれば行動は変わりません。ただただ従いましょう。 ^^ )

そして良い変化を見つけたら楽しみながらどんどん膨らまして、確信を深めつづけてください。

種の保存で利用されてきたように、脳の快楽はかなり強烈な力を生みます。意図的に増幅していきましょう。

ご自身のゴールの世界はきっとワクワクする世界でしょう。でもほっとくとぼやっとしてきます。「なったらいいな」ではなく「確信」を持ち続けるようゴールの世界に強烈な快楽を結びつけて、スイスイと楽しく進んでいきましょう。


今月も引き続き、退職者(予定含む・自己申告)応援キャンペーンを実施中です。 ※基本全て半額!

もちろん退職と関係ない方のコーチングも実施中です。

セッションのご相談は、下記問合せフォームから気軽にご連絡ください。

 お問合せはコチラから

 

ご質問も気軽にどうぞ!