未来から今を観てますか?

仕事に疲れたビジネスウーマン

マインドを上手に使うためには、意識的なゴール設定がとても大切です。

もちろんそのゴールは、現状の外に何の前提条件もなく自由に設定する事が大前提です。

今回はゴールの設定方法については語りません。

設定方法のヒントは過去記事でもいくつか書いているので詳しくはそちらをご覧ください。

今現在何か悩み事や不安、不満があるのであれば、その解決にはゴールが使えます。

ゴールを設定すると何が起こるかというと、実は抽象度が上がります。

抽象度が上がると、「今」起きている物事を俯瞰的に、より整合的に見ることができます。

今起きている悩みや不満を、「今」を基準に考えると抽象度が低すぎてなかなか解決ができません。

なぜなら情報量が多すぎるからです。

人を関数で表現するなら情報量が多すぎることは致命的です。計算が間に合わずオーバーフローが発生します。

また抽象度が低く、計算が追いつかない程大量の情報に囲まれると、その世界はランダムにしか見えません。

でも抽象度を上げると情報量が減り、物事が整合的に見え始めます。

そもそも今目の前で起きている悩みや不満は、ある情報に対して自分自身がどう反応するかの結果でしかありません。

自我が持つ重要性関数を通過した値がどうであるかいうだけの話です。

その重要性関数は、「今」を基準とする限り、なかなか変わる事はないでしょう。

なぜなら変える理由がないからです。

重要性関数は、過去の記憶、経験が積み重なってできているため、なかなか強固なものです。

「じゃ、変~えよ!」て思って気軽に変えられる程、お手軽なものではありません。

では、どうすると変わるでしょう?

変えなければいけない必要性を与えればいいだけです。そう、現状の外にゴール設定をすればいいのです。

そして確信をする事です。「宝くじがあたるといいなぁ」というほのぼのとした状態ではなく、確信です。

この確信が重要性関数をガラッと書き換え、抽象度も自然に上がります。

そうすると、今ままでゴチャゴチャしている様にしか見えなかった物事が、突然整合的に見えるようになります。

「今」起きている抽象度の低い現象を過去の自我(重要性関数)を含めて俯瞰的に見れるようになります。

物事が俯瞰的に、そして整合的に観れたら、その悩みや不満はもう解決したも同然です。

後は観えた現象を、ゴールを基準に少ない情報量で計算し、必要な事を実行するだけです。

そして自我(重要性関数)が変われば、またゴールも徐々に変わります。
(自然に変わらなければ、意図的に変えていきます。ゴールも手段でしかありませんので。)
よく知られた事ですが、抽象度の階段は下からコツコツと積み上げても決してあがれません。

情報量が多すぎて計算ができないからです。

抽象度の階段は一気にあがらなければいけません。(あがるというより「飛ぶ」かな)

階段を一気に飛ぶには、1にも2にも現状外のゴールです。

現状外にゴールを設定する事で抽象度もあがり、そのゴールの世界(=未来)から現在(=今)を俯瞰する事で、今問題だと想定している物事の解決方法が振ってきます。
(思い付くとか、ひらめく、無意識が教えてくれるといってもいいです)
もし、今悩みや不満があり、それに囚われている自分がとても嫌なら、常に未来(ゴールの世界)から今(現在)を観るようにご自身を変えてください。

変える方法は簡単です。

「今からそういう自分だと決める」

これだけです。

今を司る自我でさえ、自分が創り出した情報の1つでしかありませんから。いくらでも変えられます。

必要なのは現状外のゴール。そして確信です。

あなたも今から真のゴールライフに突き進んでください。

目の前のつまらない現象に囚われない、ひたすらゴール基準のワクワクした毎日が続きますよ。


ご意見、ご感想、ご相談は随時受け付けてますので、気軽にご連絡ください。

ご連絡は、コチラのフォーム、または、メール(info@chog.jp)にて。

 

 

田島マスターコーチにChange the Worldのワクワクを伝えてきました。

先日、一緒に全国を回っているコーチと共に、田島マスターコーチにChange the Worldの近況について報告してきました。

会社で上司に報告するのとは違い、自分たちが勝手にwant toで始めた活動を、快く見守ってくれている人に報告に行くのはとても楽しいです。

わずか2ヶ月程前に始めた活動が、東京、大阪と、これ程多くの人に影響を与えるとは、2ヶ月前の時点では正直現状の外にある出来事でした。

今でも初対面の人と話をしている時に、私達の活動を知っている人に出会うと、縁の繋がりを実感します。

セミナーの開催に至る前までには、沢山の準備があります。

細々としたタスクも沢山登場してきます。

これがやらされ仕事だったら、きっと目の下にクマができて恐らく糖中毒にドップリハマっているような状態でしょう。

でも自分が自由に設定した大きなゴールへ向けて、それに必要なタスクとして降りてきたモノは全く違います。

全てがwant toです。ゴールに必要なモノは、全てwant toになります。結果、それをやることは至って普通になります。

よく勘違いされがちですが、目の前に降りてきたタスクが、やってて楽しいとか楽しくないとかは、want toの基準ではありません。

全てはゴールが基準になります。

セミナーでも良く話しますが、もしサッカーでバロンドールを取るような選手になりたいと思えば、雨の日もトレーニングするでしょうし、ランニングもするでしょう。試合の日には、どんなに面倒でも現地に行くでしょうし、飛行機嫌いでも飛行機に乗るでしょう。

※バロンドールとは年に1人だけ選ばれるヨーロッパの年間最優秀選手です

単にマラソンで3時間切りたいと思っても同じ事ですし、超一流の執筆家になりたければ文章の腕は磨き続けるでしょう。

何をする時も、ゴールは大変重要です。

ゴールが、エネルギーを生みます。

もう少し砕いていうと、現状の外に設定したゴールに強いwant toを持ち臨場感をあげる事で、現状との間に認知不協和が発生し、それを解消するため脳を含めた全ての力がエネルギーを生み、ゴールへ向け動きはじめます。

なので、全てはゴールです。そしてそのゴールは現状の外に設定する事がとても重要です。

凄くシンプルですが、この条件をキチンと守るかどうかで全ての結果が変わってきます。

ぜひ、ご自身のゴールが設定されている方は、「現状内に設定していないか」を常に確認するようにして、これから設定する方は、「このゴールは現状外かな?」というチェックをいれながらゴール設定してください。

現状外のゴール設定は、本当に大きな力を生みます。

現状外のゴールがある日々を、楽しみましょう!


ご意見、ご感想、ご相談は随時受け付けてますので、気軽にご連絡ください。

ご連絡は、コチラのフォーム、または、メール(info@chog.jp)にて。

清水の舞台初体験

2014-10-12 14.21.41

大きな物事を決心する例えで用いられる事の多い清水の舞台。
実際に上がってみると以外に高くない感じがした。

ゴールで自動操縦が動き始めると、一大決心をするまもなく、物事が進んでいく。

一大決心も悪くないけど、時間をかけすぎると、だんだん「ねばならない」になったり、現状に引き戻される危険性もある。

自動操縦が働いたら、自が指示に従い楽しみながら淡々と進むのがゴールへの近道だね。

大阪は明日まで滞在中です。
パーソナルコーチングも後2名受け付けます。

直感が働いたら、気軽に連絡下さい。

 

お申込みフォーム、メール(info@chog.jp)、または、Facebookメッセージ(https://www.facebook.com/yoshiyuki.ogata.5)から。

11月から料金改定します。現在の料金は11/10(月)まで。

11月11日(火) から新しい料金体系に変更いたします。

新たにダイエット専用のコーチングメニューも新設いたしました。

私自身、過去に劇的な体型変動を経験しております。

その経験をコーチング技術で包み込む事で、つまらない努力が一切不要で圧倒的な成果があがるサービスとなりました。

100%の確立で、あなたの望む体型になります。

ちなみに私の場合、こんな感じです。もちろん下が今の姿です。(^^)

IMG_20131120_0003

stand

新料金の詳細は、下記コーチングメニューをご覧ください。

新コーチングメニュー

スコトマがあるのは仕方ない。でもわざわざ自分で強化するのはもったいよね。

girl jumping at sunset

どんなに素晴らしいチャンス、方法論、知識が転がっていても、RASが閉じていると何も見えない。

自由に生きる術が目の前にあっても、あえて不自由を選ぶ。

成功の種が目の前にあっても、あえて貧乏である事を選ぶ。

他人からはRASがよく見えるが、本人はRASの効いた世界にいるので、自分のスコトマが分からない。

コーチはより一層スコトマが見えるから、必要に応じて外す事ができる。

スコトマのない人は、恐らくお釈迦様くらいしかいない。

人として生きるということは、スコトマと共存して生きるという事に等しい。

映画ルーシーの100%脳の世界が実現したら、もしかしたらスコトマはもっと狭くなるかもしれない。

でも今はそうではない。

時間など次元を超えて物を観る事ができないだけでなく、目の前に観えてると思い込んでいる4次元の世界でさえまともに観えていない。

だから大事なのは、常にスコトマがかかっているという事実を認識すること。

その上で、縁起を観て、抽象度をあげ、スコトマをずらすようにすると成功が見えてくる。

ここは沢山やる。飽きるくらい、アホになるくらいやる。サンキチさんみたいに。w

 

want toの無い人に、たくさんのご馳走をみせても何も感じない。悲しくなるくらい。

そういう人をどうにかしたいと思うのはただの驕りでしかないし、時間の無駄。

その分、もっと大勢の人に対して機能を果たし、その当然の帰結として想いの人の情報と物理が書き換わると良い。

押しても開かないドアなら、横を素通りすればいい。

出口がそこにしか無いと思うと、RASが強固でより一層狭くなり、全ての事がスコトマに隠れてしまう。

出口はいっぱいある。恐らく今見えてない出口の方が遙かに多い。

自分のエネルギーは、自分が望む世界、現状外のゴールへ全て捧げよう。

そこには超効率的にエネルギーが使われる世界が待っている。

無駄な努力と我慢と文句と強いストレスに囲まれた世界では「1」のエネルギーが「1」の仕事をするとしたら、有効な活動と自由と笑顔と快適なストレスに囲まれた世界では「1」のエネルギーが「750」の仕事をする。

これは統計で得られた事実。

しかも前者は活動すればする程疲れが溜まり、後者は活動すればするほど元気になる。

どっちがいい?

断然後者でしょ。

でも耳を塞いで前者を選ぶ人がまだまだ多い。

脳は元々変化を嫌うから仕方がないけど、教育が益々それを強化しているように感じる。

明日からは、その教育を根底から変える活動の礎を作りに行く。

より大きな機能を身につけ、しっかり大きく世界を変えていこう。

思い遣りに溢れ、みんなが笑顔で自由に生きる世界へ。


 

ご意見ご感想Welcome!  コチラのフォームから、またはメールで(info@chog.jp)気軽にどうぞ。