ゴールは白い○なら大丈夫 (その2

真珠 パール アクセサリー

ゴールが中々設定できない、あるいは設定したゴールに違和感を感じる要因の2つ目は、「他人の価値感でゴールを設定している」ケースですね。

これは自分の親がそれなりに安定されていたり、地位を得ていたりするご家庭で聞かれやすいかもしれません。

親の価値感と期待を多大に受けて、その期待に健気に応えようとする真面目で優しい方が陥りやすいケースですね。

でもその真面目さと優しさは、本物でしょうか?

「●●のために」という価値感は一見優しそうに見えますが、その優しさが成立するためには「見返りを一切期待しない」という価値感も必要だと思います。

なぜなら、その●●に褒められる事が目的だと、●●が褒めてくれない場合、逆に憎悪に変わる危険性もありますよね。

そういう点からも、ゴール設定する時は誰か特定の人の価値感は一切排除する事が大切です。

もちろん多くの人(身の回りの数人ではなく最低1,000人以上)が喜ぶゴールは問題ありません。

実はこの「特定の人に褒められる」事をゴールの価値基準に置く方が意外に多いなという印象があります。

何かゴール設定する時に、「自分が心からうれしい」よりも、「これができると褒められる」事を重視したゴールですね。

この「特定の人に褒められる」事を基準にゴールを設定すると、大抵「手段」がゴールになります。

ただ手段は手段でしかないので、きっとその先に目的(所謂ゴール)があるはずなのですが、思考が「手段」で止まります。

手段をゴールにすると何が起きるかというと、最初は新しい事が出来るようになる喜びで勢いよく進むのですが、時間が経つと「自分何やってんだろう?」という素朴な疑問が顔を出し始めます。
そうなった瞬間、急激にやる気を失いはじめます。

せっかく大きなエネルギーと貴重な時間を使ってるのに、ちょっともったいないですよね。

もちろん手段をきっかけに自我が変わり、新たなゴールが生まれる可能性は否定できないので絶対ダメとはいいませんが、最初にセルフディベートをやると回避できそうなポイントだけに、本当にもったいないです。このクセが抜けないと同じ事を繰り返してしまいます。
(コーチがいるとここら辺がサクッと回避できていいですね。)

もし他人の価値感を利用したい時は、ただ「同感する」だけより、本当にそうなのかな?と疑いを持って検証してみると良いと思います。
一度検証を経ることで、その価値感は自分のものになります。中途半端な「同感」で進むと「特定の人に褒められる」時と同じ現象が起きやすいかもしれませんのでご注意ください。
要因の3つ目は、「ゴールが複数あることが良くないと捉えている」ケースですね。
ようやくタイトルと結びつくケースがきました。(^^)

これで悩むのは、ゴールは1つでなければいけないという思い込みかもしれません。
物事は1つずつ順序正しく達成していくべきだという考え方が、学校教育などを通じて植え込まれているせいでしょうか。

人は元々多重処理が得意ですし、ゴールは複数あって問題ありません。
それは同じジャンル、例えば仕事のゴールが複数あることも全然問題ないです。

もちろんジャンル毎にバランス良く設定するのもOKです。

ただ1点だけ注意すべきは、ゴール同士が矛盾しないようにすることです。

白い○(まる)や赤い○(まる)、白い□(しかく)を目差すことは問題ないですが、○(まる)い□(しかく)や、白い赤を目差そうとすると脳が混乱してしまうからです。

それだけ守れば、ゴールはいくつ設定しても構いません。

もちろんそのゴール達は、「だったらいいな」ではなく「こうありたい」と強く望むゴールである事が大前提です。

 

以上の良く陥りやすいポイントをすり抜けると、ゴールは設定しやすいのではないでしょうか。


ご質問、お問合せはコチラから気軽にお寄せ下さい。

文字でお伝えできることはメールでお答えします。

 

 

ゴールは白い○なら大丈夫 (その1 現状に囚われない)

真珠 パール アクセサリー

仕事柄、「ゴールが見つからなくて悩んでいる」という相談を受ける機会がたまに(よく)あります。

苫米地式ではゴールを現状の外に設定するという制約があるせいもあるかもしれませんが、本当のゴールはそう簡単に見つからないものなので、見つからない事についてあまり焦る必要はありません。大丈夫です。

ただ人生豊かに過ごすためにはゴール設定が全てのはじまりなので、ゴールは必要です。

少し矛盾してますね。ではどうしましょう?

答えとしては、「まずは本当かどうかにあまりこだわらず、仮のゴールでいいから設定すると良い」ですが、折角なのでゴールが見つからない要因について少し考えてみましょう。

見つからない要因はその人の状況によるので一概にコレとは言えませんが、私がよくみるケースを3つほど紹介します。

1つ目は、現状の囚われが強すぎる。

2つ目は、他人の価値感でゴールを設定している。

3つ目は、ゴールが複数あることが良くないと捉えている。

まず1つめの、「現状の囚われが強すぎる」ケースですが、これは私達が過去を基準に生きるように小さい頃から教育されてきた弊害の1つです。

私達の多くは、目標を設定するとき過去の実績と現在の状態、周りの実績を重視して実現可能な計画を立てるようしつけられます。

この考え方では、目標を設定する時に到達するまでの道程がある程度明確に見えていなければなりません。

もうお分かりの通り、これに従うと現状ど真ん中のゴールが出来上がります。

でもよく考えてみてください。未来は過去の延長線上にあるのでしょうか?

皆さんご存じの通り、今や物理的なインフラ(水、食料、電気、ガスなど)にも欠かせない「インターネット」が一般向けに普及しはじめたのは1990年代後半です。また、インターネット社会となった日常に深く影響を与えるgoogleが世に出たのは1996年、Facebookは2004年(日本進出は2008年)と、ごく最近の出来事です。
新機種が話題のiPhoneは2007年に初めて世の中に姿を現しました。8年前、まさかiPhoneの新機種発表に世の中がこれ程お大騒ぎになるなんて誰が想像できたでしょうか?
他にも原発停止や太陽光発電の加速度的普及などはわずか数年前の事です。

数学の不完全性定理、量子力学の不確実性原理でこの世に確実なものは存在しないことが証明されていると言われますが、そんな話を持ち出さなくても、冷静に周りを眺めれば日々不確実なものに溢れているのは分かります。

地震のような自然災害はいつ起こるか分からないし、ニュースを見れば毎日思いもしない新しい事件があります。
毎年1万社以上の会社が倒産し、上司や同僚、友達や家族の機嫌は刻々と移り変わります。(あなたとの関係にかかわらず)

世の中は常に不確実で溢れているのに個人で観ると日々の不確実性が見えにくいのは、抽象度がとても高いか、昨日までと整合性がとれるようホメオスタシスが働いているからです。多分後者の人が多いような気がします。プラス教育ですね。

特に少し長めの将来予測など、まず当たらないと言われます。カーネマン等が調査した結果によると、専門家と言われる人と素人がランダムで予想した結果に、統計上有意な差はみられないようです。ただ専門家は後講釈が上手なので、まるで予測が成功したような錯覚に陥ります。本人を含めて。w

だれも予測できない未来なのに、過去の延長線上を想定して未来を決める必要はないと思いませんか?
どうせ不確実なら、現在の状態を白紙にして、自分が「そうありたい」と思う未来を設定した方が断然いいでしょう。

1つ目の解消は、全てを白紙にすることです。

分かりやすく実践するには、ゴールを決めるとき何かしら基準が浮かんだら、「その基準を選んでいるのはなぜ? 将来に関係ないんじゃない?」と自分に問うてみるといいでしょう。多くの前提はただの囚われである事が理解できると思います。

少しボリュームが出てきたので、2つめはまた次の記事で。

白い丸は3つめで出てきます。(^_-)


ご質問、お問合せはコチラから気軽にお寄せ下さい。


Change the world 第1回 東京開催は熱気溢れるセミナーでした。次は大阪行きます!

東京

みんなで力を合わせて準備をすすめてきたビッグイベント「Change the World ~世界を変えるコーチング~」が、9月13日の土曜日、ついに始動しました。

当日はセミナー初日ということで自分を含めみんな程良い緊張感を持ちながら、会場近くのカフェに集合し最後のミーティングを行いました。

普段全国に散らばる仲間の顔を観て、少しホッとする時間を過ごし、いざ会場へ。

コーチ仲間からお花が差し入れられるというサプライズがあり、みんなで和みながらも淡々と準備をすすめ、ついに最初の参加者が到着。

講義開始時には多くの参加者の方が集まり、2部屋あるセミナールームは既に期待とコーチの熱気でムンムン状態に。

14時30分には、それぞれの部屋で各コーチが各々工夫をこらした講義がはじまりました。

自分は後半の講義を担当していたので、2つの部屋を行き来しつつ、まずは受講生と共に他のコーチの講義を聞き入っていました。

各コーチ共落ちついて理論を分かりやすく展開して話しており、受講生もペンを走らせている方が多く、とても良い場が形造られていきました。

そしてその良い場を引き継ぐ形で、いよいよ自分の講義がスタート。

今回はコーチングがほぼ始めてという方から相当の熟練者までというかなり幅広い層にご参加いただいたので、初心者の方が分かりやすいよう専門用語を避けつつも、熟練者の方にも新たな気づきを得てもらえるように工夫して進めていきました。

20分で終わらせる予定の序盤の講義に情報を詰めすぎたせいか、ちょっと時間オーバーになりましたが、ワークを含め初心者の方もかなりワイワイと楽しみながら多くのものを得ていただけたようで良かったです。

やはりこういうイベントは、初心者の方がコーチングをより深く理解し、ご自身に落とし込める良い機会なので、参加された方がキチンと何かを持ち帰られている姿は、場を提供した一人としてとても嬉しいです。

そして熟練者の方からも、色々気づきが得られたと直接お話しを聞かせていただき、準備を重ねてきたことが伝わって良かったなと思います。

参加者の方と会話を重ねることで、私自身も気付かされた事が色々ありました。

次回以降にその気づきを生かして、講義内容をさらにブラッシュアップして、より多く、より深くコーチングのプリンシプル(原理原則)が伝わるように準備していこうと思います。

次の開催は、10月11日の土曜日、大阪です。

こちらは事前のお問合せも多く、更に熱気溢れる場になるのではないかと今からワクワクしています。

お時間合う方は、是非この良い場を共有して、ご自身の世界を変えに会場にきてください!

募集は明日9/16(火)から開始です。

Change the Worldに記事を投稿しました

top_banner-TOPバナー-DW_Focus

私も講師として参加する、Change the Worldに記事を投稿しました。

当ブログとは少し違った切り口で書いてます。

もちろんプリンシプルは共通です。

こちらも是非ご覧ください。

 

◆夢をつかむと毎日が苦しくなる?!

◆我らが師匠、田島大輔マスターコーチに当イベントについてお話しを聞いてきました

実は生まれて初めてネット動画に出演しました。

出演を決めてから全然準備時間もなく、ぶっつけ本番一発撮りなので結構ガチガチです。(^^;)

優しい気持ちでご覧ください。(^_-)また1つ重要性関数が書き換わりました。

動画は田島大輔マスターコーチが色々話してくださったので、なかなかためになる良い内容です。

 

◆「コーチングってよく分からない」という方、とってもウェルカムです!

◆嫌な事は妄想ループに入る前に分解して解決しましょう

 

 

☆記事気に入ったら【シェア】お願いします!☆