退職したらやること <1.リラックス>

草原とドア

本来退職者の方に限りませんが、今月は特に退職者の方と接する機会が多いので、退職者向けにマインドの使い方の基礎の基礎から少し書いてみたいと思います。

今回は第1回目にして最大のポイント、「リラックスとゴール設定」で行こうと思いましたが、分量が膨れすぎたので2つに分けて書いていきます。

ということで1回目は「リラックス」で。

辞める方の話を聞くと、退職をする段階(予告、引継)で、結構ストレスが溜まる方がいるようです。

また、辞めた後も仕事が決まらず、不要な不安を引き起こしてストレスを溜める方もいます。

(現状外のゴールが決まれば大丈夫なのですが、それは次回以降に)

 

強いストレスを感じるような過度な緊張状態は、もちろん身体にとってもいい事がありません。

ニューヨーク医科大学臨床リハビリテーション医学科教授のジョン・E・サーノ先生が提唱するTMS(緊張性筋炎症候群)理論では、緊張(サーノ先生は抑圧された感情も含めて緊張と呼ぶ)は腰痛、緊張性頭痛、偏頭痛などの疾患の大きな要因であると言われています。

また、ゴール設定を行う時もリラックスはとても大切な要素になります。

自分の望む人生を生きるためには、ゴールの世界という情報空間に圧倒的なリアリティを感じることが重要です。

情報空間はどうしても物理空間に臨場感が負けやすくなります。

手で触れるペットボトルと、情報空間に浮かぶペットボトルだと、やはり手で触れているペットボトルの方が情報量が多いため、臨場感が湧きやすくなります。

なので、より情報空間の臨場感を高めるためには、身体の痛みや凝りなどに不要な注意が向かないよう、十分にリラックスする事が大切です。

このリラックスの仕方は、苫米地式では逆腹式呼吸という方法論が確立されてます。

やり方はとても簡単ですが、その効果は絶大なものがあります。

 

既に活用されてる方も多いとは想いますが、一応手順を書いておきますので、まだ日常的に使ってない人は、ぜひこの機会に使えるようにしてください。

 

1.手の平を合わせる。形は自分の心地良い合わせ方で良いです。

※これは必須ではありませんが、私は最初この手順を含めることをおすすめします

2.胸でゆっくりゆっくり息を吸います。できるだけ深く吸いましょう。肩を上げるのでは無く、胸を前後(できれば左右も)に広げる感覚です。

3.ゆっくりゆっくり息を吐きます。吐ききりましょう。

4.「2」~「3」を繰り返します。

上記で息を吐くとき、身体をゆるめてください。

できれば頭の天辺から足の先まで順番に緩めていけると一番ですが、よく分からなければ、最初は筋肉が意識で分かるところだけでも十分です。

 

実際やってみると分かりますが、この呼吸(逆腹式呼吸)は、かなり気持ちが良いです。

ちゃんとやると2~3回でもかなり身体がゆるみますが、時間が許せばある程度の時間やってもいいです。

偏頭痛のときなどは、吐くとき頭の筋肉をゆるめる(溶けて流れていく)ようにしたり、肩が張っているようなら背中全体をゆるめるとかなりいい感じでリラックスしてきます。

リラックスしていると、問題解決脳力も高くなり、抽象度も上がりやすくなります。ゴール設定では抽象的な思考や無意識からの情報提示が大切なので、リラックスする事はほぼ必須と思っていいでしょう。

逆腹式呼吸は時間もかからず簡単だけどとても効果の高いリラックス法です。なので、積極的に利用して、まだ日常に落とし込んでいない人は今日から始めて下さい。仕事しながらでも、皿洗いしながらでもできます。

 

ちょっと緊張する場面や、脳の回転を速めたい時、何か結果を出したい時などにも活用できるので、そういった場面でも積極的に使いましょう。大きく緩めたいときは、いつもより深く息を吸うのも良いかもしれません。(普段肋骨が動かない人は結構おおいので。変に力が入る人は無理しない範囲で)

ということで、今回はここまで。

 

【今月は退職者(予定含む)の方、応援月間です!】

★コーチングの良さがまだピンとこないけど人生変えたい!

★概要は分かったけど自分に落とし込むときにしっくりこない!

★この機会に本物のコーチングを受けてみたい!

★辞めたはいいけどちょっと不安で…でも変わりたい!

などなど、コーチングを利用して人生をよくしたいとお考えの方、お待ちしてます。

お問合せ、ご質問、ご相談、お申込はコチラから。

気軽にご連絡ください。

 

歯を磨くように、顔を洗うように、日々の生活にゴールを馴染ませましょう

Green arrow

ゴールは日々の生活に染みてますか?

ゴール設定、アファーメーションというと、少し構えて「ヨイショッ」てなる方いませんか?

特に苫米地式コーチングではゴールに「現状の外」という制約がなされるため、難しく考え過ぎてちょっと固くなるというか、かしこまるような感じとかありませんか? もしくはゴールが他人事的な…

ご自身の人生なので、深い考察は必要だと思います。

でももし先に挙げたような自覚症状がある方は、普段はあまり深く想い過ぎず、もう少し気軽にゴールを設定してみたらどうでしょうか。

そして少しでもゴールに違和感を感じたら、そのゴールはどんどん変えていきましょう。

今回は過去(現状も過去です)に囚われやすい方(特に退職者)に「とらわれ」をなくして欲しいというメッセージです。

 

ゴールはとても大切ですが、大きな意味では人生にとってのツールでしかありません。ゴールがあるから良い人生があり、人生があるからゴールがあります。

なのでゴール設定にあまり時間をかけたりかしこまり過ぎて、悪い意味で気持ちが入り込み一度設定したゴールに囚われるようだといけません。ツールに人生支配されたら本末転倒ですよね。

なぜならゴールは設定した瞬間から既に過去の産物です。設定するときは心からのwant toかもしれませんが、時間が進むとwant toで無くなったり、もっと優先度の高いwant toが現れたりすることは、あって当然です。(新しいゴールと過去のゴールの整合性とかも入りません)

特に自我(重要性関数)が変わったときは、ゴールが変わる可能性も大きいと思いますので、ゴールは日々再設定していかれるのが良いでしょう。

そして自身の時計は常にゴールからの逆算で進めるようにしてください。

特に、退職した(退職する予定の方も)方などは、どうしても目先の事に目が行きがちになるかもしれません。中でもはじめて無職になる方などは、これまでの価値感がよみがえりコンフォートゾーン(快適なゾーン)が現状の中に引き戻されそうになる事もあるでしょう。

ご存じのように、未来は常に自分が想うように創造されていきます。良くも悪くも。

なのでコンフォートゾーンは常にゴール側に置くべきです。常に常に。

そうすることで無意識が自然に新しいコンフォートゾーンを守ろうとしてくれます。壮大なホメオスタシスパワーの有効活用です。

特に多くの人ははじめ現状のコンフォートゾーンが圧倒的に強いので、コンフォートゾーンがゴール側に居続けるように、アファーメーションなどを利用して意図的に働きかけをする方が望ましいでしょう。

(ゴールフレームができあがればそれ自体も段々不要になりますが。)

そしてそのアファーメーションの基となるゴールも、常に意識と無意識に置いて更新し続けましょう。

歯磨きや洗顔のように、何も意識しなくてもゴールが浮かぶようにして、思いだしたらチェックして更新しましょう。

時計を見ればゴールが浮かび、玄関を出ればゴールを更新し、電車に乗ればゴールを発見し、机に座れば仕事の段取りをする前にゴールをチェックし…という感じで日常の隅々にゴールを埋め込みましょう。もちろん良い情動(うれしい、楽しい、気持ちいい、誇らしい、清々しい)と共に。

そうしたらコンフォートゾーンは嫌でもゴール側へ移動し、全てをゴール基準でしか考えられなくなってきます。

そうなればしめたもので、後は無意識の選択に従い(拒否しないように)行動していけば自ずとゴールが近づいてきます。

大事なのは常にゴールを基準にすることです。近未来のいわれのない恐怖(不安)に囚われて、ゴールと関係ないお金のためだけの仕事などしている暇があれば、サッサとゴールの臨場感を上げる方に注意を向けましょう。大きなゴールには、近未来の小さなゴールも内包されていて、その景色もだんだん(速攻で)見えてくるでしょう。そしたら、後はエフィカシー(ゴールを達成する自己実現能力の自己評価)をガンガンにあげて、ダッシュしちゃいましょう。

生活の全てをゴール基準にすると、圧倒的に早く成果が出てきます。

せっかく退職というチャンスが目の前にあるなら、時間の全てをゴール基準にして、圧倒的なパワーでゴールに向かって下さい。目先に囚われて回り道するのは時間の無駄ですよ。あなたにとっても世の中にとっても。(無駄を楽しむ選択をするのは自由ですが…時間の経過は一瞬です)

 

【今月は退職者(予定含む)の方、応援月間です!】

★コーチングの良さがまだピンとこないけど人生変えたい!

★概要は分かったけど自分に落とし込むときにしっくりこない!

★この機会に本物のコーチングを受けてみたい!

★辞めたはいいけどちょっと不安で…でも変わりたい!

などなど、コーチングを利用して人生をよくしたいとお考えの方、お待ちしてます。

お問合せ、ご質問、ご相談、お申込はコチラから。

気軽にご連絡ください。

 

 

 

コーチングって窮屈だね? そうかもしれませんね。

窓を突き破る矢印

「コーチングってなんか人生が窮屈になるよね。今不満とかあるけど別に世の中それが当たり前だから。わざわざ金払ってコーチングなんか受ける人の気持ちが僕には全然わからない。」

先日ある知人からこのように言われました。

この知人は私のクライアントではなく、長年仕事上の付き合いがある方です。仕事上は私の方がサービスを受ける側、いわゆるクライアントです。

クライアントが実践する仕事に対して、これくらいハッキリ否定話をしてくるのは長年の人間的な信頼関係があるからなので、まぁそれ自体は別にいいのですが…。(^^)

実はその知人の友人(私よりも遙かに付き合いが長い!)も、最近コーチングの勉強を重ねてコーチの資格を取得したらしく、知人はその友人から結構コーチングの話を聞かされているそうです。

その友人は私の実践するタイス&苫米地式ではないので本質は少し違うのですが、大まかな方向性というか考え方のようなものは似た部分があります。

例えば、人は無限の可能性があり、未来の選択をするときに過去に捕らわれるべきではない(過去は関係ない)、人生はゴールを設定し、それを基準として進む方が圧倒的に効率的で幸せな人生になる。などです。
(苫米地式では、ゴールは現状の外に設定するなど本質的に違うのですが詳しくない人には似て見えます)

その知人は「2人ともゴールとか似たようなこと言って、まるで宗教の人みたい。いいじゃんゴールなんか無くたって。そんなこと一々考えるの面倒だし。」とも言われてました。

話をしている時の知人はかなり感情が高ぶっており、周りの人の変化が受け入れられない様子にも見えました。

身近な人が急激に変化した場合、目の前にいる人が自分が良く知る相手ではなくなるため認知的不協和が起きます。

「不協和の効果は自己概念に対する脅威によって決まり、自己を肯定する手続きによって軽減される(MIT認知科学大事典)」とも言われます。

今回の知人のケースはまさにその状態にも見えました。

そういえば知人と話した後、Arthur C. Clarkeの次の言葉がふと浮かびました。

「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」
(余談ですがこの言葉にまつわる小飼弾さんのブログ内の追補は結構爆笑です)

苫米地式コーチングは最新の認知科学に基づいており、きちんと学べばその正しさが理解できます。

情報の基をたどりたいと思えば、論文や古典などを辿れば理解を深めることも可能です。

たまたま上手くいった人がビジネス書を売るために考案した小手先テクニックとは訳が違います。

ですが、新しい事を受け入れず学ぶことさえしない人にとっては、正しい知識も魔法にしか見えませんし、小手先テクニックとの違いも分かりません。

なので単に「怪しい」と十把一絡げに扱われます。

実はコーチングを受けて自分が大きく変わろうとするとき、往々にしてこういう人が周りに現れやすくなります。

我々がドリームキラーと呼んでる人々です。

これから会社を辞めようと思う人の前には、「辞めて大丈夫か? どうやって生活していくのか? 自分の知り合いでも辞めた人がいるけど大変だよ….」みたいに沢山の余計なお世話アドバイスをしてくれる人が現れます。

「過去を基準」に物をおっしゃる方々です。

そして強いドリームキラーほど、より身近に現れます。

あなたに対して強い不協和を感じる程、強いドリームキラーになり易いからですね。

身近なドリームキラーは、自分が知る過去のあなたに戻って欲しいという願望を「あなたのためだから」という風に表現を変えて提示してきます。

本来ゴールはコーチ以外の他人に語る必要はありません。とういかドリームキラーが現れないよう語らない方がいいでしょう。

でも「会社を辞める」となると人によってはそうもいきませんよね。

大抵何らかの説明を求められるだろうし、答えたくもなるでしょう。

その場合、ドリームキラーが現れることは想定しておくと良いと思います。

強いドリームキラーは、大抵心からあなたのことを心配してくれている人がほとんどです。
単に知識が足りないので未来を基準に物が考えられないというだけです。

なのでもし身近で大切な人がドリームキラーになったら、そこを理解してあげてください。
そして愛情はそのままに、あなた自身はゴールを基準にどんどん進んで変革していきましょう。
変革を続けていく中で、見せたかった未来の香りが漂えば、不協和もなくなるでしょうし、次はその人が未来を基準に考えられる人に交われるかもしれません。(香りが漂わなくても変わるケースも多いです)

ちなみに私は今もその知人を信頼していますし、今後も普通にお付き合いをしていくつもりです。私にとってはドリームキラーでさえないですし…。コーチングは本人のwant toが一番大切ですので、今は本人が現状から離れたくないので、そのままにしておきますが。

 

また前回も少し書きましたが、退職しても日本人なら飢え死にすることはありません。普通に3食食べて洋服を着て屋根のある場所で眠れます。

もし家族がいるなら、みんなで協力し合えばいい事ですし、必要なら死ぬ気で働けばいいだけです。

(現状外のゴールがあれば、人はそうそう死にませんからフル回転しても大丈夫です。そしてその仕事ももちろんゴールを基準に選びましょうね。)

ましてや独り身なら何の心配もありません。ひたすらwant toの現状外ゴール目指して進んでいきましょう。

airport-aircraft-takeoff

「会社を辞める」とは周りへの意思表示にもなりドリームキラーが現れやすくなりますが、もし現れたらその人達の意見は大事に頂戴して(そのままスルーしてゴミ箱へ。議論は大抵徒労に終わります。)、自分は未来の現状外にあるゴールを確信して進んでいきましょう。

そしてエフィカシーをあげ続け、ゴールにむけて進んでいくことだけに全てのパワーを注いでください。そしたら凄いスピードでゴールが近づいてきます。

 

エフィカシーが揺らぎそうになったら、ゴールの臨場感と抽象度をひたすら上げてください。そして時には結果ではなく変化にフォーカスを当てて観るのも悪くありません。

 

今月は想うところがあり、退職者の方を積極的に応援する月にしています。

退職する方、退職した方、退職を考えている方、ぜひ気軽にご相談ください!

全力でお応えします!

———————————————————————————

ご意見、ご感想、ご質問なども気軽にどうぞ。

 

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

 

今月は退職者応援月間に決めました!

青空に向かって

コーチングを受けると、会社を辞める方が少なからずおられます。

これはご自身のゴールを基準としたときに、現在勤めている会社に役割がないと言うことからの選択でしょう。

豊かな人生を送るにはゴール基準で行動すべきなので、そういう退職であれば、それは良い選択だと思います。

 

一方同じ退職でも、倒産や早期退職勧告、肩たたきなど突然退職を迫られるケースもあるでしょう。また単に今の仕事がイヤだとか、人間関係が耐えられないという理由で退職する方もいるでしょう。

定年退職も、人生においては立派な途中退職の1つですね。特に定年退職は、何もゴールを持たずに止めてしまうと、1年半後には寿命を向かえるかも知れませんのでご注意ください。

これはアメリカでセミリタイヤした富裕層を調査したところ、セミリタイヤ後新たなゴールが無いと、平均18ヶ月で亡くなられてしまったという統計から来ています。

 

会社を辞めると言うことは、まだ今でも多くの人にとって人生のターニングポイントの1つになるでしょう。人によっては不安を感じている方もいるかもしれませんね。

多分不安の大きな部分は「お金」がしめるような気がしますが、今の日本はセーフティーネットもそれなりに充実していますし、贅沢を言わなければ仕事は無数に存在します。わざわざブラック企業を目指さなくても、普通の仕事は山ほど転がってます。

なので日本で生活する場合、そこは正しい知識を集めれば、全く心配する必要はないでしょう。

 

問題は未来のゴールをちゃんと設定しているかどうかです。

定年退職を除くと、会社を辞めるということは、自分の何かが現状に合わないということですよね。

退職は押さえが効かないほど感じるその何かが掴める良いチャンスです。

ぜひ単なる不満解消ではなく、現状外のゴールを設定して未来基準で全ての選択をしていくように一気に自分を育ててください。

全ての行動をゴール基準にすれば、生活の質は自ずと良くなります。活動する大きなエネルギーも生まれ、自然とたくさんの機能を果たせるようになっていきます。

嫌な情動に支配されることのない、充実した人生がぞくぞくやってくる感じですね。

 

一方ゴールでは無く、目の前の情動を基準にして次の仕事に入り、そのまま何となく過ごして行くと、恐らくまた同じ嫌な情動がわき出てくるかもしれません。何故なら職場が変わっても、根源が変わらないからです。

現状外のゴールを基準にすると、根源から自分が変わります。

なので例え前と同じような仕事を選んだとしても、それが現状外のゴールを基準にした選択なら、全く違う風景、全く違う世界になるでしょう。ワクワク感も充実感も半端ないものになるでしょう。

(ここら辺は過去の記事も読んでもらうと、もっとスッキリすると思います)

 

退職だけが機会ではありませんが、退職は自分の未来を考える良いチャンスの1つです。しかも結構大きいチャンス。

 

なのでそのチャンスを向かえる人には、漏れなく活用して新しい充実した人生を歩んでもらいたいです。

 

そこで 今月は退職をされる方、された方、退職を考えている方を応援する月にする事を決めました。

この条件に該当する方(自己申告制)は、今月コーチング料金半額でOKです。もちろんトライアルも含みます。

 

それと今月は、大分前から世間で問題となっている、シングルマザーとしてがんばって働いてるのに貧困というあり得ない状況で大変な想いをしているお母さんも応援する月に決めました。私の周りにもシングルマザーでがんばっている人はいます。苦労されてる話も聞きますし、仕方が無いで終わってる方もいます。でも未来は自分が決めれば創造できるので、ニュースで流れるようなあり得ない状況を甘受せず、お子さんと共にガツンと突き抜けて欲しいなと想います。want toゴールで突き抜けるお母さんは、子供にも素晴らしく良い影響を与えます。現状を甘受して終わるのも、want toゴールで子供と一緒に突き抜けるのも選択の自由ですが、私はwant toゴールで、未来を明るくしたい人を心からサポートしたいです。こちらは状況が状況なので、1/4の料金でお受けします。

 

私は100冊の本を読むより遙かに圧倒的なパワーであなたの脳に正しいマインドの使い方をインストールできるコーチです。

セッションは普通に会話をするだけですが、その中であなたはゴールを基準にした正しいマインドの使い方ができるようになります。そして、それなしの人生は考えられなくなるでしょう。

今回料金は特別ですが、内容は通常のスペシャルセッションと全く同じです。ぜひ、この機会を活用して大きく飛躍してください!

 

募集に当たり1つだけ条件があります。

普段のセッションでも同じですが、将来を明るくしていきたい!というあなたの切なる想いが必要です。これはあなたが自分の未来を創造する時にとても重要な要素だからです。

その情熱が無い方は基本的にお受けできませんので、あらかじめご了承ください。

何とかしたい! という想いがあれば十分です。


ご感想、ご質問、セッションのご相談など、何でも気軽にお問合せください。

 

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]