まずは楽しいゴールのイメージを。全ては誰かの妄想から始まります。

embracing-nature_p

大成された人は、形はそれぞれ違えどマインドの使い方が上手な人が多いですよね。

アンドリュー・カーネギー、トーマス・エジソン、スティーブ・ジョブス、アルベルト・アインシュタイン….

ソフトバンクの孫さんも、天性で上手なマインドの使い方をする人であることが雑誌のインタビューからうかがえます。

以下はプレジデントオンラインの対談で孫さんが話されていた場面です。

【孫】いまでも僕はどちらかというと右脳人間なんですよ。成功したあとのイメージを先に頭に思い浮かべて喜んじゃうんです。「やったー成功した!」って。

2010年にソフトバンクの今後30年間の経営方針となる「新30年ビジョン」を発表しましたが、そのときもまずやったのは、「30年後の未来ってどんなだろう」と想像することでした。30年後の街並み、オフィス、自宅のリビングで最新のデバイスを持っている自分の姿。「こんな素晴らしい未来がきた!」って1人、喜んでいました。

最初に喜んでしまうことのメリットは、その嬉しさがドライビングエンジンとなって、その後の難関が気にならなくなることです。最初に自分の中で成功しちゃっているわけだから、その後どんなに苦労したって、その喜びのために我慢できちゃう。これがもし「いまできるところから始めましょう」なんてやっていたら、到達する前に諦めてしまっているでしょうね。

成功する脳習慣とは何か

コーチングとざっくり照らし合わせてみます。

  1. 30年後の未来を想像する (ゴール設定)
  2. 30年後の街並み、自分の姿をイメージ (ヴィジュアライゼーション)
  3. 「こんな素晴らしい未来が来た!」と既に達成している状況 (ビビッドネス)
  4. 自然と走り出す (認知不協和が生まれる)

しかもゴール設定はちゃんと現状の外に設定しています。

素晴らしいですね。

そして現状の内側にゴールを設定して、コツコツ歩み出す方式をとった場合のダメな結果も的確に示されています。

これがもし「いまできるところから始めましょう」なんてやっていたら、到達する前に諦めてしまっているでしょうね。

ゴールを現状の内側に設定すると、現状を肯定してしまい、コツコツどころか結局何も進まないのがオチ、ということですね。

ゴールを現状の内側に設定する問題については、博士の書籍の中でも何度か指摘されています。

現状の内側にゴールを設定してしまうと、それが自分のスコトーマをされに強めるように働くからです。その結果、明日はますます昨日のようになってしまうのです。つまり、ゴールを設定する事が、何もしないよりも悪い結果を生み出してしまうということです。(まずは親を超えなさい より)

耳タコかもしれませんが、ゴール設定をする時は、常に現状の外であることを確認するクセをつけましょう。

そして、もしも「内側かな?」 と思ったら、迷わずゴールを更新していくことです。

ゴールは何度でも、いくつでも設定して大丈夫です。

ゴールに向かいはじめると、その内達成への道が見えて来始めます。

その時は「あっ!? ヤバい!」と思って、またゴールはドンドン更新していってください。なぜなら道が見えるとは「現状の内側」である可能性がとても高いからです。

そしてその更新のスピードが上がるほど、未来を原因とした現状がめまぐるしく進み、益々楽しくなっていくはずです。

 

ゴール設定と言えば、苫米地手帳は活用されてますか?

 

新・夢が勝手にかなう手帳 (4月スタート・2014年度版)

 

これは博士の手帳ですから当たり前と言えばそうですが、ゴールを目指す人にとって、本当に秀逸な手帳ですね。

2014年版は、ちょっと分厚くて重厚な手帳になりましたが、その分紙質も上等でスペシャルなおまけもついて、とても使い出のある手帳になってます。

もちろん、この手帳を使う時も日々書くゴールは常に現状の外のゴールを書いてくださいね。

毎日新鮮な気持ちで好きなゴールを書いて下さい。

妄想にふけって涎垂らす位のゴールで丁度いいと思います。( 本当に垂らすと汚いからご注意を (^_-) )

一つだけ注意する点ですが、過去のページを見直して今日のゴールを設定するなんて、アホみたいな事は絶対止めて下さいね。

未来を決めるのに過去が基準になるなんて、苫米地式コーチングでは論外ですから。

「過去がこうだから、未来はこう」ではなく、「未来がこうだから現在はこう」の思考にしてください。手帳自体もそういうデザインになってますので。たぶん。

またゴールがわんさか湧いて出た日などは、日付なんか無視して、ガリガリ書いていくのも良いでしょう。

脳みそに残り物を蓄えておくのはとても不健康ですから、日々全部出し切っちゃいましょう。そしたらまた新しい物が湧いてきますから。

手帳はあくまでも手帳です。使うあなたが主役ですから、自分の好きなように使いましょう。

もし1冊使い切ったら、もう一冊買えば済むことです。

それくらいの勢いで活用する方が、手帳も喜ぶと思います。

たかだか2,500円の投資で、夢が叶うなら数冊買っても安いものでしょう。

あなたのゴールで使い倒しちゃってください。

そしてどんどん変革して、世の中元気にしていきましょう!

———————————————————————————

ご意見、ご感想、ご質問など、何でも気軽にどうぞ。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

会社を辞めるの今ですか?

airport-aircraft-takeoff

コーチングを受けると、会社を辞めていく方がいます。

私のクライアントさんでも、会社を辞める方はいます。

コーチングの大家、苫米地博士も「僕のコーチングを受けると10人に1人位の割合で辞めるかな」と言われていました。

これだけだとコーチングを導入しようか検討中の経営者が勘違いしそうなので、少しフォローを書きます。

コーチングを受けると辞める人がいるのは事実ですが、逆に残った人は高い生産性を発揮するようになります。その人にとって現在の仕事の目的や位置づけがはっきりするためでしょう。かなり効率が良くなると思いますが、平均2割upだとしても、1人少ないのに全体の仕事量はそのままという素晴らしい状態です。(実際はもっと効率があがります)

 

で、話を戻しまして、コーチングにより過去にとらわれない正しいマインドの使い方を知ると、それなりの人が現在勤めている会社と異なる仕事を選択するようになることは事実です。

なのでもしあなたがコーチングを受けたりして正しいマインドの使い方を知ったために現在勤めている会社を辞める選択をするとしても、特に驚きはありません。

ただ、もしあなたが今会社を辞める事を考えているとしたら、実行に移す前に1つだけご自身に質問をしてみてください。

「自分は辞める事そのものがゴールになってないかな?」と。

単なる現実逃避がゴールになっていないかという確認です。

もし、実は単なる現実逃避が目的であり、(辞めるために)設定したゴールに情熱がなかったとしたら、辞めた後虚脱感にとらわれてしばらく動きが鈍るかも知れません。

もちろん会社を辞めることがゴール達成に必要と判断したら、あまり時間をかけずに辞めるのが良いでしょう。また辞める事で環境ががらりと変わるため、自我が一段と大きく書き換わるのはゴールへ向けて良い変化となるでしょう。それはとてもwelcomeな状態ですね。

自分のゴールに関係の無い仕事のため、日々エネルギーが奪われていくのはあまり良い事ではありませんし、人生時間は有限ですから、有意義に使うべきですし。

ただ有限で大切な時間を使うからこそ、進む時はおかしな事が目的化しないよう、「現状を超えるwant toのゴールがちゃんとある」というのを最低条件にして進んで欲しいのです。

そして、現状を超えるwant toのゴールを基準にして、現在の仕事の位置づけを自分の中でしっかりと掴んでください。

会社を辞めても生活はあります。食って、寝て、洋服を着る事は必要でしょう。

もちろん社会保障を利用すれば、(本来の意味で)最低限の生活は問題ありません。日本人である事の大きな利点ですね。

もし多少不便があっても、ゴールへ向かう為に必要な事であれば何とも思わないでしょうし、あっという間に元のレベルは超えていくでしょう。

あっ!? こう書くと、石橋を叩いて歩くのが正解だと言っているかと誤解されそうですが、そうではありませんのでお間違いなく。

ゴールに引っ張られて、ピョンピョン飛んで行くのはとても良い事ですし、むしろ現状の外にゴールを設定するのはそのためですから。

 

ゴールには自分を引っ張り続けるという役目があります。(もちろんそのためにもゴールは常に現状の外に更新し続ける必要があります)

もし会社を辞めた途端、自分を引っ張っていたのがゴールではなく、ただの情動だけだと気付いたら、宙ぶらりんの状態に留め置かれることになります。(もちろんすぐに次のゴールを設定すれば無問題ですが..)

なのでゴールに伴い会社を辞める時は、是非最低1回は自分の中で、最初の質問をベースにしっかり議論をしてみることをおすすめします。

 

私自身も10年間大手IT会社に勤めた後に独立し、数年間個人で仕事をしました。その後、少人数ですが会社組織にして運営をしています。

なので、それぞれの形態のメリットとデメリットはそれなりに把握していますし、それらはあくまでもゴールへ向けた手段の1つでしか無いような気がします。

独立が絶対的に良いという訳でも、会社員だとできない事だらけだという訳でもありませんし、大抵の場合、隣の芝生は青く見えます。

ゴールによっては、自分の庭が茶色から青々としたものに変わる可能性も多分にあります。

いずれにせよ、あくまでも自分の目指すゴールが先にあり、それに必要として見えてきた手段に「転職や独立がある」というふうに捉えるのが良いと思います。

先に手段が来たら「何かがおかしいかも?」と一度は疑ってもいいかもしれません

 

現状外のゴールを設定して、臨場感をあげて日々淡々と進んでいけば、あなたは何をやってもうまくいきますから、あまり慌てずに(でも急いで。スピードは大事(^_-))進んでいきましょう!

———————————————————————————

ご意見、ご感想、ご質問など、何でも気軽にどうぞ。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである。

masayoshi
「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである。」

いわずとしれた日本の実業家、孫正義さんが「髪の毛の後退度がハゲしい」とtwitterで茶化された時のリツイート(返信)です。

このあまりにもスマートなリツィートが当時とても話題になりましたね。

今やYahoo! JAPANの筆頭株主でもあるソフトバンクを、日本の三大携帯通信キャリアの一つにまで育て上げ、殿様商売であぐらをかいていたドコモを競争現場に引きずり出し、今日の携帯通信業界の繁栄を築いた人物です。

恐らく孫さんがいなければ、今我々が普通に使用しているスマートフォンなど、こんなに早く安価に使え、これ程急速に広まることもなかったでしょう。

これらを設立からわずか30年余りで実現した孫さんは、まさに信念を貫くビジネスの天才です。

そんな孫さんですが、もちろん設立当初から順風満帆に過ごされてきたわけではありません。その歴史の1ページを覗いてみましょう。

 

ソフトバンクは1981年に資本金1,000万円で設立されました。

まだお父さん犬も生まれていない時代です。

元々ソフトバンクはソフトウェア流通業者としてスタートし、設立当初はどこにでもある小さな無名の会社でした。

そんな会社を飛躍させるため、孫さんは当時有名なあるゲームメーカーに、独占契約を申し込むため乗り込んでいきます。

孫さんの熱意に押され、そんな藪から棒な話にゲーム会社の社長が耳を傾け「大ボラ吹きは、大きなビジョンを持っていることの裏返し」として販売権を与えてくれる事になったそうです。

ただし1つだけ条件がだされました。

「一週間以内に現金で5,000万円用意すること」

かなり厳しい条件です。

設立したばかりで資本金1,000万円の会社が、一週間以内に5,000万円を現金で用意するなんて普通に考えると不可能に感じます。

「一週間以内」、「5,000万円」、「現金」…会社を経営した方なら身に染みて分かると思いますが、この組み合わせはかなり強烈ですよね。

もちろん孫さんでさえ「情熱では誰にも負けません。しかし、会社を立ち上げたばかりの僕にとって、5000万円もの現金を1週間で調達するのは、実現不可能なことに思えた。」そうです。

でも選んだ答えは「分かりました」です。

なぜなら孫さんにはゴールがあり、ソフトバンクではじめたパソコン関連の仕事は「50年間飽きずに全知全能を注げる仕事」と位置づけており、スピードを上げてゴールに向かうには進むしかなかったからです。

孫さんはこう言います。

「一生をかけるにふさわしい」と思えたからこそ、この資金集めの難題もクリアできたのだと思います。もしクリアできなかったら、たぶん今の僕、そしてソフトバンクは存在しなかったでしょう。

そして一週間後、孫さんは約束通り5,000万円を用意しました。

「それは金持ちのコネがあったらできたのだ」とかいう不毛な議論も出てきそうですが、大事なことはそこではありません。

実際孫さんも「最終的には、知り合いをかけずり回り、頭を下げ続け必死にかき集めて無事期限までに振り込みましたが、あのときは本当に大変でした。」と言われています。

頭を下げ続けてかき集めるって、実際には一言でサラッと書くほど簡単な事ではないと思います。

でも、それを迷いもなくやり遂げた孫さんは素晴らしいですね。

恐らくその力の源泉はゴールであり、ゴールに向けて大きくコミットした瞬間に生み出されたパワーではないかと思います。

ゴールがあるからこそ、名も無い小さな会社の孫さんが、有名会社の社長の心を揺り動かす情熱を伝える事ができるし、不可能と思えた約束も守ることができ、そして今のソフトバンクや孫さんがあるのだと思います。

ここで「孫さんは特別だからね」と引いてみても楽しくないので、我々は孫さんから大きく学びましょう。
(確かに孫さんのパワーは半端なく特別に感じるのは事実ですが…(^^;))

今回の孫さんのエピソードからは最低2つのことが学べますね。

まず「ゴール」を設定する事です。その重要性はこのブログでもさんざん書いてますが、人生行き先がないのはとても危ないです。

自分がただウロチョロして時折もがいて情動が小さく浮き沈みするというだけでなく、あなたの人生時間をコントロールしたい人に都合良く使われます。
(行き先がないのに歩き出したら家の近所以外いけませんし、迷い人は洗脳されやすいので)

で、いつものことですが、ゴールは「現状の外」であることと、ご自身がwant toであることは絶対条件です。

そしてもう一つが、「決断する」事です。

ゴールを決めて、「進み出したい!」と感じたら、さっさと「今から進む!」と決めてしまいましょう。

半年後からでも、1ヶ月後からでも、明日からでも、今夜からでも、1時間後からでも、1分後からでもなく、そう今からです。
(別にだから今すぐその場から走り出せ!と言う意味ではありませんので…お間違いなく(^^;))

また、ゴールはいくつあっても、want toじゃないと気付いたら変えてしまってもOKです。

なかなか決断できなかったり、ムーミンみたいにモジモジするようなら、おネンネしてからもう一度ゴール設定をすればいいのです。

そして設定したら、さっさと決断しちゃいましょう。自分の心を揺り動かしちゃいましょう。

不可能かどうかは、今決めることではありません。

可能と設定すれば道のりが見える可能性がありますが、不可能だと設定すればその道のりは永遠に見えません。

今は見えない可能性(そもそも今見えたらゴール設定が間違ってます)を見つけ出す自分の無意識の力を信じて、みなさんはどんどん前に高みに進んでいきましょう。

 

**** セミナーのお知らせ ****

【講座】 はじめてのゴール設定

【日付】 4/30(水) 14:00 ~ 16:00

【場所】 東京都内某所 ※詳細はお申込の方にメールでお伝えします

ゴール設定の基礎から、叶える方法まで、楽しいワークをしながら学べます。ゴールの意味と使い方を知りたい方、現状を突破したい方、夢を実現したい方、現状に迷いのある方、お待ちしてます。

詳細はコチラ

****************

お時間が合えば、ぜひ、ワクワクするマインドの使い方を学びにいらしてください。

———————————————————————————

 

ご意見、ご感想、ご質問など、何でも気軽にどうぞ。

 

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

 

ゴールを設定するのも叶えるのも、あなたの仕事です

question

コーチって何をしてくれるんですか?

たまにいただくご質問です。

コーチはあなたの代わりに現状の外にゴールを設定して、想うだけでボケッとしてても自動的に夢が叶ってしまうマシンに乗せてくれ、気がついたら幸せになってたという怪しさ満点のサービスを提供してくれ…..たりはいたしません。

コーチはあなたが人生をより良く生きるために、正しいマインドの使い方を各人の状況に応じて上手に教えてくれます。

教えてくれるといっても、1対1のコーチングセッションの場合は、鉛筆とノートを準備してカリカリ学ぶというものではありません。クライアントさんが自分の話をしていたら、自然にマインドの使い方を理解するようなスタイルです。

セミナーの場合は形式にもよりますが、いわゆる「学ぶ」に近いかもしれません。

 

いずれにしても、ゴールの内容や、ゴールへ向かう具体的な方法などについて、基本的にコーチは一切関与いたしません。

 

それらは全てあなた自身の仕事です。

現状の外にゴールを設定するのは、あなたです。

そして、そのゴールに臨場感を持ち、叶える為に動き出すのも、あなたです。

ゴールに向かい日々行動していくのも、あなたです。

 

もちろんコーチは随時相談にのりますが、1回のセッション毎にマインドが大きく変革していくので、実際には相談される前にご自身の中で答えを見つけられることが多いですね。

 

仕事でも趣味でも家族やそれ以外の事も、人が生きていく上で、マインドの使い方はとても大切です。

我々コーチはコンサルタントやトレーナーではないので、勝手にあなたをどこかに導いたりはいたしません。(そういう契約をすれば別ですが..)

マインドの使い方を知ると、過去の洗脳(束縛)から解き放たれます。かなり見事に。
せっかくコーチングで過去の洗脳から解き放たれるのに、コーチが別の価値感を植え付けたら、それは洗脳でしかなく本末転倒ですし…。

 

一定期間のコーチングセッションの場合は、その期間中に良いマインドループを身につけてもらい、期間終了後は、クライアントさんご自身でセルフコーチングをしながら、人生を楽しんでいただくようになります。ワクワクしますよ。

 

4月のセミナーでは、マインドの使い方の基本となる正しいゴール設定がご自身でできるようになり、セルフコーチングができるようになるエッセンスをふんだんに取り入れていきます。

お時間が合えば、ぜひ、ワクワクするマインドの使い方を学びにいらしてください。

**** セミナー詳細 ****

【講座】 はじめてのゴール設定

【日付】 4/30(水) 14:00 ~ 16:00

【場所】 東京都内某所 ※詳細はお申込の方にメールでお伝えします

【対象】 ゴール設定の意義と実践のポイントを学び生活を豊かに変えてみたい方

  • 本を読んでみたけど、どうも実践が上手くいかない
  • ゴール設定やコーチングのポイントをもっと詳しく知りたい
  • 夢を叶える自分になりたい
  • 毎日ワクワクする人生にしたい

※(注)現状から一切変わりたくない方は来ないでください

【料金】 5,000円(税込)

【お申し込み】 お申込はコチラから

****************

———————————————————————————

 

ご意見、ご感想、ご質問など、何でも気軽にどうぞ。

 

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

<セミナー>「はじめてのゴール設定」 4/30(水) 開催

Door to future

未来の行き先、設定してますか?

コーチング用語だとゴールですね。

苫米地博士のコーチング理論では、ゴールは現状の外側に設定する事が大事(というか必須)です。

そして正しくゴール設定する事によってマインドが正しく運用され、自分が心から望む未来を手に入れる事ができるようになります。

もちろん、現状のいろいろな不安や不満、例えば仕事やお金、人付き合いや家族のことなども解消されるでしょうし、無用なストレスや将来に対する不安なども一切ない人生が送れるようになるでしょう。

そんな頼もしいゴール設定ですが、実際に正しいゴールを設定して上手に運用していくにはポイントがあります。

少しおさらいしてみましょう。

まず1つめの条件は「現状の外に設定する」です。

ここでいう「現状」とは、今現在の事だけではありません。

博士の書籍「コンフォートゾーンの作り方」では次のように書かれてます。

(引用開始)

現状とは、今のことを指すだけでなく、今の延長線上にある将来のことも含む概念です。

例えば、制作の世界で言えば、法律を変えなければ続く将来は現状と言える。

(引用終了)

よく、今いる会社の社長になる事は「現状」なのでダメと言われます。

なぜでしょうか?

それは単純に今の仕事を一生懸命やると叶うかも知れないゴール(確率が低くてもゴールへの道のりが見える時点でNG)は、現状を肯定してしまうためです。つまり「今のままでいいんだ」と今の自分を肯定してしまうのが問題なのです。

今を肯定すると、物事の重要性を認識するフィルターであるRASが現状にロックオンされ、ゴールへ向かう道が目の前に提示されても見えなくなります。

人は必ずスコトマ(盲点)と言われるものあります。元々は視力の物理的な盲点からきた用語です。

スコトマ(盲点)とは、全ての人に存在する、その時時で重要でないものを覆い隠してくれる便利な機能のことです。このスコトマがあるお陰で、我々は電車の中で本が読めたり、人が沢山いる中で仕事ができたり、数万点もの商品が陳列している中からわずかな時間で必要な物を選び出したりする事ができます。

そもそも人は1秒間に1,100万bit(1bitは有無の2択)もの情報を検知していると言われています。こんな量を一斉に認識していたら…大変ですよね。なので実際には多くて16~40bit程度しか意識にはあがらないそうです。

このようにスコトマはとても便利な機能ですが、その特性から重要と認識する範囲は狭くなり、その範囲外にあるものは基本的に注意が向かず認識しなくなります。

そうすると目の前にたくさんの新しいチャンス(道、機会と言っても同じです)が転がっていても一切認識しないため、選ぶことさえできません。新たなチャンスを選べないということは、昨日までと同じ日々が未来もずっと続くということです。

良くて現状維持の状態が続くということです。

2つめは、ゴールが心からのwant to(ウォントゥ:望み)であること。

3つめは、高いゴールであることです。

また、数値やポジション、他人との比較はゴールになりにくいので注意して下さい。

人生を楽しく有意義なものにしていくのにコーチングはとても良いツールです。

そのコーチングにおいて、全てのはじまりであり最も大切なものがゴール設定だと言えます。

苫米地博士の書籍でも、かなり具体的にポイントを説明してくれてますので、そちらから学んで実践されている方もおられるでしょう。

上手くいっている方は、どうぞそのまま続けてどんどんゴールを達成して前に高みに進み続けてください。

でも本を読んで実践してみたけど、うまく活用できていない方も結構おられるようです。

そこで、「はじめてのゴール設定」と題して少人数のセミナーを開催する事にしました。

ゴール設定の基礎からゴールを叶える仕組み、生活への生かし方など、プロのコーチが2時間かけて、しっかりとお伝えいたします。

時折手も動かしながら、一緒に楽しく学びましょう!

興味のある方は、ぜひ奮ってお申込ください。

**** セミナー詳細 ****

【講座】 はじめてのゴール設定

【日付】 4/30(水) 14:00 ~ 16:00

【場所】 東京都内某所 ※詳細はお申込の方にメールでお伝えします

【対象】 ゴール設定の意義と実践のポイントを学び生活を豊かに変えてみたい方

  • 本を読んでみたけど、どうも実践が上手くいかない
  • ゴール設定やコーチングのポイントをもっと詳しく知りたい
  • 夢を叶える自分になりたい
  • 毎日ワクワクする人生にしたい

※現状から一切変わりたくない方は来ないでください

【料金】 5,000円(税込)

【お申し込み】 お申込はコチラから

****************

ご質問などもございましたら、下記より気軽にお問合せください。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

ゴールは日々更新していこう

 

Exotic-Holiday

日々楽しくゴール設定してますか?

先日発売された、新・夢が勝手にかなう手帳 (4月スタート・2014年度版) も4/1(火)から書き込み出来るようになりました。

みなさん、活用されてますか?

本手帳は、日々ゴールを基準として物事を考えるクセがしっかり身につきますし、朝からワクワク感が高まる最高の手帳です。まだ使用してない方はぜひ活用してみてください。

本書でも「新しいゴールが生まれるたびにスコトーマがどんどん外れていくでしょう。そしてあなたはやがて本当のゴールに出会えるのです」といわれるように、ゴールは常に更新し続けるものです。

1度立てたゴールを後生大事に抱えるのはナンセンスです。

ゴールは外部に宣言し、逃げ場を無くして自分を追い込むために設定する物ではありません。

それは古い考え方です。

ゴールがwant toであり、一日も早く叶えたくて脳に負荷をかけるのは正解ですが、単に努力すべきhave to用件になってはいけません。

なのでゴールはプロのコーチ以外には明かさず、自分だけの秘密にしてくださいね。そして現状を完全に無視して、心から望むゴールを現状の外にガンガン設定してください。

walking-

ゴールはバランスも大事です。

バランスの取れたゴールは無意識を活性化して、より早くゴールへ近づく原動力になります。

いくつ設定するという決まりはありませんが、多くの人は、仕事、お金、時間、家族、健康、コミュニティーへの貢献、教育、老後などは最低限浮かぶでのではないでしょうか。

またゴールを設定するときは、それぞれ単独で考えても構いませんし、トータルイメージから各ゴールを導き出しても構いませんが、ゴール間に齟齬を生まない事だけ注意してください。

ゴール間に矛盾があると、無意識は敏感に察知して向かう方向が定まらなくなります。

 

現状の外にゴール設定して日々を過ごすと、人生が本当に楽しく有意義なものになります。

まだゴール設定をしてない人がいたら、ぜひ今日からゴール設定してみてください。

見慣れた朝日でさえ違って見えるかもしれません。

taiyou

**** セミナー 予告 ****

・当ブログや各種書籍など読んだけどゴール設定がうまくいかない

・ゴール設定の必要性が、まだイマイチよく分からない

という方に朗報です! 4月下旬に人数限定で講座を開催します。

【講座】 はじめてのゴール設定

【日付】 4/30(水) 14:00 ~ 16:00

【場所】 東京都内 

他詳細は近日お知らせします

***************
———————————————————————————

ご意見、ご感想、ご質問など、何でも気軽にどうぞ。

フィードバック大歓迎です。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

ゴール設定して肩こりなんかおさらばしちゃいましょう

yoga-20647_640

我々は日々のほとんどを無意識で行動しています。

ご飯を食べるときに、箸を右手で持ち親指の第1関節を動かして支えつつ中様筋他の筋肉で人差し指をまげつつ…。

こんなことを一々意識に上げながら行動しませんよね。

無意識で一連の流れを行うと思います。これをフレームといいます。

フレームは自分で選択が可能です。

意図的に選ばなければ、無意識が記憶の中から適切なものを選択してくれます。

「意図的に選ばなければ」とさらりと書きましたが、意図的に選ぶのは意外に大変です。

特に既存フレームが強く固まっている場合はなかなか変えられません。

肩こりが酷くて…腰痛が…という方の多くは、このフレームの選択を間違え、それが強く固まっていたりします。

例えば慣れた箸の持ち方を矯正したり、猫背の人が姿勢を正したりするのは結構難しいですよね。わざわざ肩が凝るような座り方をしたり、腰痛をおこすような身体の使い方をするなど、全て自分が選んだフレームの結果であるため、不都合なら変えればいいだけですが、なかなか言うは易く行うは難しでうまくいきません。

おかげで町中にマッサージ屋とかが溢れかえってます。

ではフレームを変えるにはどうしたらいいでしょう?

まずはゴール設定です。

いつも書いてますが、無意識はゴールに向けて動きだします。

「もちろん臨場感がある方に」ですが。

ゴールが決まると手段が浮かんできます。

「とりあえず何でもいいから今この肩こりを解消したい」という低いゴールを設定すれば、お金を握りしめてマッサージ屋に向かう可能性が高いでしょう。

これも悪くない選択です。他力本願で楽ちんです。難点は日持ちしないためお金がかかる事でしょうか。

 

もし「肩こりと永遠におさらばし、もっと動ける身体を作り上げ、○○にも挑戦できる最高の乗り物へ変革する」のような先のある高いゴールを持つと、浮かんでくる手段も変わってくるでしょう。

スコトマが外れ、身体の正しい知識を得るために勉強をはじめたり、身体の治し方を根本から教えてくれる指導者を探したり…ゴールがないと想像さえしないような選択肢もどんどん出てきそうです。

 

フレームの選択が簡単に実感できる事の一つに、例えば前屈などがあります。

前屈苦手な人、結構多いですよね。

原因は身体の固さだと思っていませんか?

残念ながら実はフレームの選択が間違っているのが大きな原因です。

(身体に大きな欠陥が無い限りは)

正しいフレームを選択できるようになると、前屈が劇的に変化します。

どれくらいかと言うと、丁度手のひら一つ分地面から浮いていたのが、地面に手のひらがつくくらいまで一気に進む感じです。+17cmから-17cmへ。

やることは、正しい知識と股関節から折るという正しいフレームを選択するだけ。

 

言うと簡単ですが、ゴール無しで手段から入り単純にhave toを重ねると、なかなか良いフレームの選択にたどりつけません。

何故か遠回りの変なフレームに向かいはじめたりもします。

まずはwant toでゴールを設定する。そうすると短期間で正しい知識と結果がでる手段が目の前に飛び出してきます。

ゴール設定してそこに向かうクセがつくと、実感しやすいですね。

 

身体は物理ですが、操作するのは情報(脳)になります。

もちろんフレームは情報なので、脳が選択します。

 

ゴールを設定し臨場感を持たせると、正しい(ゴールに向かうという意味で)フレームを選択しやすくなります。

 

もし身体の不調でお悩みなら、高きゴールを設定して、さっさと窮屈な身体からおさらばしていきましょう。

 

☆4月下旬 「はじめてのゴール設定」セミナー開催予定☆

お楽しみに!

———————————————————————————

 

ご意見、ご感想、ご質問など、何でも気軽にどうぞ。

 

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]