ハイエフィカシーな人々

Baby

パルクール(Parkour)ってご存じですか?

フランス発祥で、走る、飛ぶ、登るなどの移動動作で身体を鍛え強い精神の獲得を目指すトレーニング 方法です。

話題のアニメ「進撃の巨人」でもその動きが取り入れられたと言われます。

 以前、「ヤマカシ(YAMAKASI)」というタイトルで映画でも紹介され話題になりました。

英語圏向けには、Freerunnning という名称で広まっています。

 

これに出てくる人達の、アクロバティックなチャレンジに対するエフィカシーがとても高いなと感じました。

※エフィカシー:ゴールに対する自己実現能力の自己評価

 

彼らが行うアクロバティックなチャレンジは、ほんの少しのミスが文字通り命取りになる危険なものです。

それも、着地点がほんの数センチずれたら大怪我や死につながるチャレンジを連続して行うものも多くあります。

 

普段から自分の心身を完璧にコントロールするトレーニングを経ているのは当たり前ですが、特定のチャレンジをゴールとする時の演者のエフィカシーは相当高くないと成功は難しそうです。

何せ使用するのはセットではない普通の建物や自然物で、安全マットなどもどこにも置いていません。

それだけに、彼(彼女)らのチャレンジは、驚きだけでなく美しさも感じられます。

人間の身体はトレーニング次第でココまでコントロールが効くのかと感動さえ覚えますね。

 

自分の子供がコレをやりたいと言い出しても、それが心からのゴールなら「全力で楽しめ」と笑顔で言える親でありたい。

他人の迷惑にならないなら、自分で自由にゴールを設定できる世の中がいいですよね。

総論ではなく各論で。もちろん大人子供も男も女も関係なく。

 

———————————————————————————————

ご相談はもちろん、ご意見、ご感想、ご質問などもこちからお気軽にどうぞ。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]