目に見える世界

あなたは目の前にある世界が、必ず存在すると信じますか?

もし目の前の世界が空想の産物だとしたら…

同心円
実際人は目に映る物の3%程度しか、視覚を認識する脳部位まで情報が届かないと言われています。

残りの97%は記憶で補って認識するそうです。

「網膜からあがってくる情報が視床にとって20%だけ、そして、視床からあがってくる情報は大脳皮質にとって15%だけ。だとしたら最終的に、大脳皮質の第1次視覚野が網膜から受け取っている情報は、掛け算をすれば良いわけだから、20%×15%で、なんと全体の3%しか、外部の世界の情報が入ってこないことになる。残りの97%は脳の内部情報なんだよね。」 (「進化しすぎた脳」 池谷裕二 より)

また目の物理的な画素数は100万画素程度と言われています。

100万画素というと、今時のスマートフォンの画面並(1280×720の点)です。

目に映る広大な範囲を考えると、とても低い解像度です。

もっと世界が凸凹でザラザラに見えてもおかしくないですが、我々が観る世界はとても滑らかで美しい物です。


Beautiful Sea Sunset in Sweden / tomt6788

脳の力って凄いですね。

我々はこの凄い力に、常時強い影響を受けて生活しています。

上記の通り、今目の前に広がる世界は多くが記憶で成り立っています。

 

物だけではありません。

他人との関係や、今の立場、今の職場、今の生活など。

現状は、記憶にほんの少しだけフレッシュな情報を加えて統合した過去の産物です。
(「今」も認識した瞬間、既に過去です。我々はほんの少し過去に生きています。)

 

でも未来は違います。

未来は過去の延長線上にはありません。

過去の延長線上に未来があると思わされてきた我々には一瞬理解しがたいですが、未来は自分が自由に選択出来ます。
というか未来を意識的に選択しないと、脳は自然に過去をベースにした楽な選択しかしません。

 

脳にとっての楽な選択、それは現状維持です。過去の延長です。

今までと同じ事を繰り返していれば良いので、脳にとっては大変楽な選択です。

我々が意識で介在しないと、脳は常に楽な選択を行います。しかも無意識という強大な力で。

なのでもし現状に不満があるなら、我々は意識的に未来を創造して脳に新たな選択肢を与えてやる必要があります。

 

ただ脳は頑固なので、ただ「こうしなさい」といってもなかなか言うことを聞きません。

脳が「うん!大事だ!」と識別してくれるよう、意図的に伝える必要があります。

 

もしかしたら人によっては少し根気がいる作業かも知れません。

でも心から何かを変えたい、手に入れたいと想うことがあれば余裕で乗り越えられる程度のものです。

大切なのは、脳に大事さが伝わる心からの望みです。want toです。そう、ゴールです。

心からのゴールが設定でき、情動を持って脳に伝えてあげれば、脳は「よっしゃ! わかった大事だ! オレが強力にサポートしちゃるぞ!」と協力な応援団となり現実を突き動かしてくれます。圧倒的なパワーで。

 

なので現状に不満があったり、自分はもっとこうしたい、未来を変えたい、世の中を良くしたいなどという変革の気持ちがほんの少しでも湧いたならやることはシンプルです。

 

現状の外にゴールを設定して、脳にゴールを達成したイメージをしっかり伝えて、後は脳に任せるだけ。

脳が大事だと認識すれば、すぐに脳から指令がではじめます。そしたら、ウダウダ言わずに従いましょう。

なぜならそれがゴールへの最短距離ですから。さぁ楽しい未来へ一直線に!

———————————————————————————

ご意見、ご感想、ご質問など、何でも気軽にどうぞ。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

あなたのゴールは快適ですか?

Koala

自分の未来を楽しくするために、まずはゴール設定が大事です。

このブログでもゴールについては語ることが多いですし、世の正しいコーチングでもゴール設定の重要性は多く語られています。

ゴールが設定できないと何も始まらないのは確かです。

ただ、焦ってゴールを設定して遮二無二に走り始める前に確認して欲しいことがあります。

簡単な質問です。

「そのゴールを達成した時の自分は本当に快適ですか?」

自分で設定したゴールなので、きっとゴール単体の雰囲気はバッチリでしょう。

お金自体はゴールになりませんが、途中経過として収入のことを入れたり、その先のゴールを設定している時は、きっとワクワクしているでしょう。

人の役に立つ何かをゴールにしていたら、それを達成している自分はきっと誇らしいでしょう。

でもそのゴールを達成している時の自分の日常は本当に快適ですか?

ゴールを達成している未来の、朝起きてから一日を過ごす自分の姿は心地良いですか?

その生活感や忙しさ、周りにいる人達の様子、親しい人との関係、それらは全て心地良いものですか?

ゴールを達成した時の日常が、リアルに楽しく、リアルにワクワクしたものだと感じる事はとても大切です。

なぜなら、それがゴールに向かう為の大きなエネルギーとなるからです。

設定したゴールは楽しそうだけど、達成した時の日常を考えるとあまりワクワクしない。

そういう場合は、そのゴールはあなたにとって正しいゴールでは無いかも知れません。

正しくないとは、心からの want to では無いという事です。

もしそう感じる時は、もう一度ゴール設定をやり直してみてください。

ゴールはしょっちゅう変わって全然OKです。

ゴール達成している日常も含めて、「きたきたコレだ-!」って感覚がわき出るものが必ず現れてきます。

それから色々な道具を使って、ゴールへ向けて遮二無二走り出していけば良いと思います。

ゴールを達成した自分の日常がコンフォート(快適)であること

ゴール設定する時はもちろん、ゴール設定したけどイマイチうまくいかないなぁ、盛り上がらないなぁという時も、ぜひこの点にしっかり目を向けてみることをオススメします。

そこが上手くいけば、後はマインドの道具を活用するだけで、黙っていてもゴールへ向けてまっしぐらです。

ワクワクしながらコンフォートゾーンを駆け抜けていきましょう。

———————————————————————————

記事のご感想やご質問はもちろん、ゴール設定、マインドの使い方など、何でも気軽にご連絡ください。

contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

ハイエフィカシーな人々

Baby

パルクール(Parkour)ってご存じですか?

フランス発祥で、走る、飛ぶ、登るなどの移動動作で身体を鍛え強い精神の獲得を目指すトレーニング 方法です。

話題のアニメ「進撃の巨人」でもその動きが取り入れられたと言われます。

 以前、「ヤマカシ(YAMAKASI)」というタイトルで映画でも紹介され話題になりました。

英語圏向けには、Freerunnning という名称で広まっています。

 

これに出てくる人達の、アクロバティックなチャレンジに対するエフィカシーがとても高いなと感じました。

※エフィカシー:ゴールに対する自己実現能力の自己評価

 

彼らが行うアクロバティックなチャレンジは、ほんの少しのミスが文字通り命取りになる危険なものです。

それも、着地点がほんの数センチずれたら大怪我や死につながるチャレンジを連続して行うものも多くあります。

 

普段から自分の心身を完璧にコントロールするトレーニングを経ているのは当たり前ですが、特定のチャレンジをゴールとする時の演者のエフィカシーは相当高くないと成功は難しそうです。

何せ使用するのはセットではない普通の建物や自然物で、安全マットなどもどこにも置いていません。

それだけに、彼(彼女)らのチャレンジは、驚きだけでなく美しさも感じられます。

人間の身体はトレーニング次第でココまでコントロールが効くのかと感動さえ覚えますね。

 

自分の子供がコレをやりたいと言い出しても、それが心からのゴールなら「全力で楽しめ」と笑顔で言える親でありたい。

他人の迷惑にならないなら、自分で自由にゴールを設定できる世の中がいいですよね。

総論ではなく各論で。もちろん大人子供も男も女も関係なく。

 

———————————————————————————————

ご相談はもちろん、ご意見、ご感想、ご質問などもこちからお気軽にどうぞ。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]