クライアントさんからのワクワクメール

universe

クライアントさんから、読んでるこっちまでワクワクするメールをいただきました。

このワクワクをみんなとシェアしたいと思い、ご本人の許可も得たので、こちらに掲載いたします。

きっかけは、NHKの「ザ・プレミアム 第2集 秘められた未知のパワー ~超能力~」という番組をご覧になられてインスパイアされた内容です。

臨場感をそのまま伝えたいので、プライバシーに関する部分を除き、原文そのまま掲載させていただきました。

≪メール開始(1通目)≫

今日、夕食時にたまたまBSでやっていた超常現象のドキュメンタリーを見てたんですね。

その中にテレパシーの話が出てきました。

テレパシーの実証実験として、乱数発生機(という機械)を使う方法があるそうです。

アメリカで7万人もの芸術家が集うお祭りが砂漠で行われていて、最後にオブジェに火を放つ時に、一点に集まる7万人の意識が、乱数発生機に何らかの影響をもたらすかを実験していました。

テレパシーというか、人間の意識が外界に何らかの作用をもたらしうるか、という実験ですね。

そうしたら、オブジェに火が放たれることを知らせるセレモニーが始まった瞬間から、機械で生成される0と1の出現率が、統計学的にあり得ない偏りを見せたというのです。

それ以降、世界の主要都市に乱数発生機を設置し、世の中の出来事と乱数の偏りとの関係について、調査が続けられているとのこと。

最も大きな偏りが生じた出来事は、「911」だったそうです。

人の意識が、遠隔的に外部に作用する。

待てよ、これってもしかして・・・・・。

やっぱり出てきました。

「量子力学」が。

この現象を解明する突破口として、量子力学からのアプローチが期待を集めているようです。

ここからさらに、コーチングで教わった大きなポイントのひとつ、「ネガティヴ思考は要らない」「ゴールを定め、そこに集中する」ということについても考えました。

これは、自らに染みついたマインドセットを解除し、ゴールに向けたアクションを積み重ねて好循環をつくり出していくための、脳の生理に立脚した方法論と理解していました。

それはそれで確かだと思うのですが、ひょっとしてひょっとすると、「思い」というものは、本当に何か波動のようなエネルギーを持っているのかも・・・なんて考えてしまいました。

(そのくらいの変化が自分にも起きているので)

そしてそんな思い付きを必ずしも荒唐無稽とは言い切れないと思うようになったのは、やはり『ワープする宇宙』との出会いのおかげなのです。

前々から思っていたのですが、自分が興味のある本や雑誌やTV番組をみると、その中身を全然知らなかったのに自分が興味を持っている別のことが出てきて、自分の中の世界が有機的に繋がっていくことが、けっこうあるんですよね。

たまたまかな・・・?と、これまで思ってきたけれど、やっぱり何か引き合うものがあるのかもしれないなあ・・・

なんて思うと本当にワクワクというか、ドキドキしてきちゃいます。

≪メール終了(1通目)≫

≪メール開始(2通目)≫

こういう内容はホントだとかウソだとか不毛な議論に陥りがちですが、

「”ぜったいムリ、ありえない”と思っていたのは、無意識に決められた枠の中だけで考えていたからかもよ?」

という発想について、一般には精神論のレベルで片付けられがちだったのが、科学によってより確かな裏付けが得られつつある(というか、科学の世界ではとうの昔からそういうアプローチを続けている)という事実に、自分はすごく希望を感じます。

尾方様やリサ博士の著作との出会いのように
良い縁が連鎖することはしょっちゅうあるわけではありませんが、根気強く丁寧に自分の内面と向き合うとそういう流れに恵まれることもあるし、そのチャンスを活かせば突破口が生まれる。

その感覚を多くの人と分かち合えたら、自分もとても嬉しいです。

もともとフッと何か考えが浮かぶことはあるのですが、
浮かぶ内容に前向きなものが増えてきたのは(笑)、本当に尾方様のおかげです!
またコレはっ、ということがありましたらお知らせしますね☆

≪メール終了(2通目)≫

 

どうです? 人生楽しんでいるワクワク感…伝わりました?

 

あなたの人生もワクワクに染めてください!

方法は簡単です。

未来に自分が心から望むゴールを設定する。完全自由に。

過去は一切関係ありません。

そしてゴールを確信したら、ワクワクに包まれながら全力で駆け抜けてください。

楽しいですよ。なぜなら自分で自由に決めたゴールだから。

 

———————————————————————————————

ご意見、ご感想、ご質問などあれば、こちからお気軽にご連絡ください。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]