大きなゴールが不安なら、まずは小さいゴールで遊びましょう

space

人生で圧倒的な成果を上げたければ、大きなゴールを設定し、確信して突き進むのが一番です。

ゴールは現状の外で、大きければより大きい方が理想です。

自分も一瞬引くぐらいで丁度いいです。

 

でも大きなゴールを設定すると、結果に不安を感じて身動きがとれなくなるようなら、まずは日常の小さな事で遊んでみて下さい。

 

「その期間でそれは無理でしょ。けど結果を出してみたい!」

と、過去の経験からは有り得ないと感じるようなゴール設定をして、突進してみるのです。

 

手順は簡単。

期限付ゴール設定 → 確信 → 実行 → フィードバック → 笑う

です。

 

大事なのは、心から望むゴール設定と達成するという確信です。

 

真の渇望と緊張感が、過去の記憶に基づいた今までのやり方を大きく超えるエネルギーを生み出します。

そのエネルギー感と革新していく自分を楽しんでください。

 

結果にこだわるのは重要ですが(これがないと真のエネルギーが生まれない)、結果自体は重要ではありません。

フィードバックが終わったら、最後は自分を褒めて笑って下さい。

 

そして次へ向かって進みましょう。

大きなゴール設定でも原理は同じです。

 

ゴール設定をしたことがない方のために、ゴール設定について少しアドバイスを。

手段自体をゴールにしないでください。

例えば、「3日で20冊の本を読む」はゴールになりません。

「○○をしたいから、△△ジャンルの専門書を10冊読み、3日でプリンシプルを完璧に身につける」などはOKです。

手段の先に目的があるという感じでしょうか。

果たす機能が見えると言えるかもしれません。

 

理由は簡単で、目的達成を渇望するエネルギーが生まれないからです。
(手段だけだと目的がないから当たり前ですが…)

また、期限は短かければ短い方が高い臨場感も維持しやすくていいかもしれません。

数週間~1ヶ月以上になると、エネルギー感が薄れやすいので、数日~1,2週間位がやりやすいかも知れません。

 

大きいゴールの場合も、自分の人生時間を有限と考えるが無限と考えるかでエネルギー感は大きく変わると思います。

 

人は「やりたい」と心から思えばエネルギーが生まれます。

想いが強ければ強いほど、エネルギーも強大になります。

 

人は誰しもが無限の可能性を持ち、壮大なエネルギーを保有しています。

私のクライアントさんもそうですが、保有エネルギーに発火しはじめると、みなさん生き生きしてきます。

人生の自由を心から楽しんでる感じですね。

 

みなさんも、貯蔵庫にしまわれたエネルギーを発火させ、楽しい未来を自分の手で掴んで下さい。

決める自由を、自己責任で。

———————————————————————————————

ご相談はもちろん、ご意見、ご感想、ご質問などもこちからお気軽にどうぞ。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

ゴール設定

image

ゴールは、現状の外に設定する事が大事です。

現状の外とは、今の状態から想像がつく変化で達成できる未来まで含んだ状態です。

現状の外のゴールは、達成までに根本的な変革を要求されるものです。

(何が現状で、何が根本的な変革かは人それぞれです)

 

これはゴール達成のパワーを生み出すためにとても重要です。

 
このパワーが大きければ大きい程、自分にとって重要な事の順番が変わってきます。(=自我が変わる)

自我が変われば、ゴールはどんどん近づいて来ます。

 

でも「現状の外で自分が心から望む本当のゴール」は、そうそう容易には見つかりません。

 

「現状の外のゴール見ぃつけた! けど行動が変わらない…」

そういう悩み、ありませんか?

 

その場合、設定したゴールを疑う事も大事です。

 

ゴールを設定する時に、want to だと勘違いしただけかもしれません。

 

聞こえの良いゴールを、知らず知らずに刷り込まれているだけかもしれません。

 

自分の設定したゴールは、常に検証していいのです。

「何故このゴールなんだろう?」「本当に心から望んでいるのだろうか?」など。

 

一度設定したゴールに捕らわれる必要はありません。

 

なぜならゴール設定は完全に自由だからです。

 

そして「間違いない、このゴールがwant toだ」と確信したら、アファーメーションをガンガンやって臨場感を上げていきましょう。

 

臨場感を上げ、リアリティが高まるとサブゴール(現状に近いゴール)が浮かんできます。

 

無意識が教えてくれるといっても良いかもしれません。

 

折角コーチングで自由になったのに、自分に自分のゴールで束縛をかけたら意味がありません。

 

自分のゴールは自分で決める。もちろん自己責任で。

 

そしてゴールが決まったら、知識を放り込んで自分計算機をフル稼働させ、突き進んで生きましょう。

 

人は必ず無限の可能性を秘めています。

 

もちろんあなたもです。

 

人の可能性を最大限に引き出すのは、正しいゴールです。

 

正しいゴールとは、本人が心から望むゴールの事です。

 

自分の最大限の可能性を引き出し、世の中へ多くの機能を提供していくためにも、ゴールには徹底的にこだわっていいと思います。

 

試行錯誤もたくさんあっていいと思います。

 

正しいゴール設定が全ての始まりです。

 

もし「そう言われると、ゴールが見つからない…」と思われる方がいたら、まずは「心からwan toのゴールを設定する」というゴールからスタートしてみてもいいと思います。

 

———————————————————————————————

ご相談はもちろん、ご意見、ご感想、ご質問などもこちからお気軽にご連絡ください。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

コーチを活用して自分の未来を創造してください

future

先日コーチングを受けました。

「受けました?  あなたコーチでしょ?」て思われました?

コーチにもコーチは必要です。

 

もちろんコーチはセルフコーチングができます。

でも大きなスコトマ(恐らくその存在さえ見えない)を「カパっ!」て外したい時はコーチを利用した方が早いです。

早いというか、自分だけだとそういうスコトマは永遠に外れないかもしれません。
(ま、外れなくてもそれなりの人生はあるので大丈夫です。選択の問題です。)

空を悟って釈迦になったらスコトマはなくなると思いますが、普通に生き、世の中に機能を果たそうとする我々にはなかなか難しいでしょう。
(悟った気になる妄想人は置いといて)

コーチングの大家 Louis Tice でさえ、最後までコーチによるスコトマ外しを怠りませんでした。

素晴らしいですね。心から見習うべきです。

一度スコトマが外れて大きく変化すると、「自分にはもうスコトマは無い」と勘違いをはじめそうになります。

裸の王様への道です。怖いですね。

 

私事ですが、今回のコーチングでも大きなスコトマが外れました。

その前から「気づき」という形で自分の中にも見え隠れしていた事が、コーチと接する事で、クリアになりました。

自分の中がクリアになると、行き先がハッキリして、毎日の楽しさが格段にアップします。

大小問わず、一つ一つの選択が、明らかに違ってきたりもします。

コーチングは素晴らしい道具です。

上手に利用すると、自分の人生がとても自由で素晴らしいものだと言うことが、強烈に実感できます。

実感するだけでなく、未来がリアルに変わります
今、私の仲間も含め、その素晴らしい使い手がどんどん増えています。

現状の不満、未来への不安、大きな夢への悩みなどは、身近に居るコーチ達に気軽に相談してみてください。

・TICE認定コーチ
・苫米地式コーチング認定コーチ

このコーチングを実践する人は、素晴らしいコーチングをしてくれます。

 

まずは自分のちょっとした悩みから相談してもOKですし、壮大な夢から相談してもOKです。

 

どの方向から接しても、自分の大きな可能性が開かれ、ご自身が大きく変わるでしょう。

もちろん私もそのコーチの一人なので、気軽に声をかけて下さい。

 

この素晴らしさは、体感してもらうのが一番です。

もし今抱えている悩みや問題がすごいスピードで解決して、楽しい未来が訪れたらうれしくないですか?

 

自分で試行錯誤を重ねて、じっくり時間をかけて悩みを解決するのもいいでしょう。

でも時間は有限です。

 

悩みなんかサッサと解決して、楽しい時間を長くしていきましょう。

 

先日公開したクライアントさんからのワクワクメールが大変好評で、多くの方にご覧いただいているようです。

 

みんな悩んでいるより、ワクワクする方がいいんだなと、当たり前の事を再実感しました。

皆さんも、一緒にワクワクして生きましょう!

 

———————————————————————————————

ご相談はもちろん、ご意見、ご感想、ご質問などもこちからお気軽にご連絡ください。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

クライアントさんからのワクワクメール

universe

クライアントさんから、読んでるこっちまでワクワクするメールをいただきました。

このワクワクをみんなとシェアしたいと思い、ご本人の許可も得たので、こちらに掲載いたします。

きっかけは、NHKの「ザ・プレミアム 第2集 秘められた未知のパワー ~超能力~」という番組をご覧になられてインスパイアされた内容です。

臨場感をそのまま伝えたいので、プライバシーに関する部分を除き、原文そのまま掲載させていただきました。

≪メール開始(1通目)≫

今日、夕食時にたまたまBSでやっていた超常現象のドキュメンタリーを見てたんですね。

その中にテレパシーの話が出てきました。

テレパシーの実証実験として、乱数発生機(という機械)を使う方法があるそうです。

アメリカで7万人もの芸術家が集うお祭りが砂漠で行われていて、最後にオブジェに火を放つ時に、一点に集まる7万人の意識が、乱数発生機に何らかの影響をもたらすかを実験していました。

テレパシーというか、人間の意識が外界に何らかの作用をもたらしうるか、という実験ですね。

そうしたら、オブジェに火が放たれることを知らせるセレモニーが始まった瞬間から、機械で生成される0と1の出現率が、統計学的にあり得ない偏りを見せたというのです。

それ以降、世界の主要都市に乱数発生機を設置し、世の中の出来事と乱数の偏りとの関係について、調査が続けられているとのこと。

最も大きな偏りが生じた出来事は、「911」だったそうです。

人の意識が、遠隔的に外部に作用する。

待てよ、これってもしかして・・・・・。

やっぱり出てきました。

「量子力学」が。

この現象を解明する突破口として、量子力学からのアプローチが期待を集めているようです。

ここからさらに、コーチングで教わった大きなポイントのひとつ、「ネガティヴ思考は要らない」「ゴールを定め、そこに集中する」ということについても考えました。

これは、自らに染みついたマインドセットを解除し、ゴールに向けたアクションを積み重ねて好循環をつくり出していくための、脳の生理に立脚した方法論と理解していました。

それはそれで確かだと思うのですが、ひょっとしてひょっとすると、「思い」というものは、本当に何か波動のようなエネルギーを持っているのかも・・・なんて考えてしまいました。

(そのくらいの変化が自分にも起きているので)

そしてそんな思い付きを必ずしも荒唐無稽とは言い切れないと思うようになったのは、やはり『ワープする宇宙』との出会いのおかげなのです。

前々から思っていたのですが、自分が興味のある本や雑誌やTV番組をみると、その中身を全然知らなかったのに自分が興味を持っている別のことが出てきて、自分の中の世界が有機的に繋がっていくことが、けっこうあるんですよね。

たまたまかな・・・?と、これまで思ってきたけれど、やっぱり何か引き合うものがあるのかもしれないなあ・・・

なんて思うと本当にワクワクというか、ドキドキしてきちゃいます。

≪メール終了(1通目)≫

≪メール開始(2通目)≫

こういう内容はホントだとかウソだとか不毛な議論に陥りがちですが、

「”ぜったいムリ、ありえない”と思っていたのは、無意識に決められた枠の中だけで考えていたからかもよ?」

という発想について、一般には精神論のレベルで片付けられがちだったのが、科学によってより確かな裏付けが得られつつある(というか、科学の世界ではとうの昔からそういうアプローチを続けている)という事実に、自分はすごく希望を感じます。

尾方様やリサ博士の著作との出会いのように
良い縁が連鎖することはしょっちゅうあるわけではありませんが、根気強く丁寧に自分の内面と向き合うとそういう流れに恵まれることもあるし、そのチャンスを活かせば突破口が生まれる。

その感覚を多くの人と分かち合えたら、自分もとても嬉しいです。

もともとフッと何か考えが浮かぶことはあるのですが、
浮かぶ内容に前向きなものが増えてきたのは(笑)、本当に尾方様のおかげです!
またコレはっ、ということがありましたらお知らせしますね☆

≪メール終了(2通目)≫

 

どうです? 人生楽しんでいるワクワク感…伝わりました?

 

あなたの人生もワクワクに染めてください!

方法は簡単です。

未来に自分が心から望むゴールを設定する。完全自由に。

過去は一切関係ありません。

そしてゴールを確信したら、ワクワクに包まれながら全力で駆け抜けてください。

楽しいですよ。なぜなら自分で自由に決めたゴールだから。

 

———————————————————————————————

ご意見、ご感想、ご質問などあれば、こちからお気軽にご連絡ください。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

視点操作はGoogle Mapみたいに!

cloud

抽象度を上げる。

物事をどんどん抽象化していく作業ですね。

例えば、犬で抽象度を現すと次のような感じです。

[低] ←←← 抽象度 →→→ [高]
ポチ → 犬 → ほ乳類 → 動物 → 生物 → 物体 …

抽象度を上げると、問題解決能力が上がったり、IQがあがったり、その他にもいい事がたくさんあります。

上げるだけでも凄く良いですが、自由に上げたり下げたり出来ると、もっと良いです。

しかもGoogle Mapのようにスムーズに。

抽象度が上がると情報量が少なくなります。

プリンシプルが抜き出されて、より重要な事柄がくっきり見えてくる感じでしょうか。

高い位置で俯瞰することで、かけ離れたように見える事柄が結びつき、より良い物が生まれたり、問題も解決されやすくなるでしょう。

思考をする時は抽象度をガンガン上げていくのが良いでしょう。

最初は上げていくだけでも大変なので、まずはひたすら上げていきましょう。

でも外部化して外に出す時は、そのままだと相手に伝わりにくいかも知れません。

特に相手の抽象度が同じくらい高くない場合は。

コミュニケーション手段が「言語」であるなら、同じ記号(言葉)で伝わるイメージも全く違なり、伝えたい意図もうまく伝わらなくなります。

そうするとせっかくの果実を有効に活用して機能を広く提供する事ができなくなります。

もったいないですね。

同じ抽象度の人としか関係性がないならそれで良いかもしれませんが、多くの人の日常はそうではないような気がします。

それなら自分が抽象度の上げ下げをスムーズにして、各抽象度に応じて相手の分かる記号でコミュニケーションをした方が、得策かなと。

抽象度高いままだと、逆にアホっぽく見えるしもったいない。」という言葉にインスパイアされて書いてみました。

苫米地博士ぐらい自由自在に上げ下げ(しかも懐幅も果てしなく広い!)できるようになると完璧ですが…

———————————————————————————————

ご意見、ご感想、ご質問などあれば、こちからお気軽にご連絡ください。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

脳内イメージを言語から変えよう!

language

私たちは生まれた時から言語のある世界を生きています。

 

そのお陰で、実体験を経る事なく多くの知識を得る事ができ、抽象的な思考をする事ができます。

 

抽象的な思考をベースとして、身近な人と会話を楽しんだり、映画やテレビを楽しんだりする事もできます。

 

その他にも言語による恩恵は計り知れない物がありますが、逆に言語からは逃れられないという面もあります。

 

他人とコミュニケーションを図る時は当然ですが、1人でいる時も、寝ている時でさえ言語の影響が及びます。

 

言語は元々脳内のイメージを他人(広い意味では「何か」も含む。以下「他人」。)に伝えるための便利な道具です。

※言語の発生や運用については議論も多いと思いますが、ココでは端折ります

 

つまり、イメージ (自分) → 言語 → イメージ(他人) になります。

 

1人でいる時に脳内で行われる会話(外部化しない独り言ですね)も言語を介在すると同じ流れになると思います。

 

ただ、脳内会話と他人とのコミュニケーションは影響度が少し異なります。

 

通常他人に何かを伝えるときのイメージと言語間のコンバージョン(変換)では、内容が100%伝わる事はほぼありません。

 

なぜなら、言語に紐付いたイメージは、1人1人異なるからです。

 

例えば「りんご」…。

いつも同じだと面白くないので、今回は「メロン」にします。

 

例えば、「メロン」と聞いて何が思い浮かびますか? 3秒間イメージして下さい。

 

裕福な家庭で育った方は「マスクメロン」をベースにしたイメージかもしれませんね。

メロン1

でも家庭がさほど裕福でなく「マスクメロン」を見た事がなければ、昔給食などにも良く出た「エリザベスメロン」をベースにイメージするかもしれません。

こちらはメロンというよりウリに近いかな。

こうなると同じ「メロン」と言われても、外観は勿論、味、匂いなど五感の記憶がかなり違うイメージになります。

 

それだけでなく、どういう状況で食したか、誰と食したかなど多くの情報が紐づき、はじめてその人のメロンが脳内で復元されます。

 

ちなみに私は社会人になるまで「ドライカレー」という物を知りませんでした。

生まれてはじめて「ドライカレー」を注文した時、ご飯にルーが乗ってないのでビックリした事を今でも覚えています。

「あれ?! ルーが無い!」と言って同僚に大爆笑されてました。

すみません、余談です。元に戻ります。

 

このように、果物そのものを差すような名称1つとっても、他人との間では、言語発信量に対して伝えたいイメージが伝わる度合いは、それ程多くありません

だからコミュニケーションには工夫が必要なんですね。

 

それと比較して、自分の中だけでイメージが巡る脳内会話の場合、言語を介しても100%内容が伝わります。

 

イメージ発生→言語→イメージ、と1つの事に対してダブルでイメージが湧き上がります

 

伝達率100%でダブル影響の大きさが感じられますか?

 

しかも、言語発信量(発話等のコミュニケーション)も圧倒的に脳内会話の方が多いです。

 

量が多く伝達ロス無しイメージダブル…大変ですね。影響度絶大です。

 

人は特定のイメージを繰り返されると、それが信じるに足る物と深く認識するクセがあります。

 

なので、もし毎日「自分は何てダメなんだろう」というイメージをベースにして生活すると、
自分は何てダメなんだろうイメージ」→「自分は何てダメなんだろうイメージ」→ 認識
という脳内会話が、手を変え品を変え一日中繰り返されます。

 

しかもその会話量は半端ないです。

 

だれでも「あんたダメな人でっせ」と耳元で1日中いわれ続けたら…本当にそうなっちゃいませんか。
だんだん落ち込んで来て、何やってもダメな気がしてきます。

 

逆に「あんたすっごい人やなぁ」と耳元で一日中いわれ続けたら…こそばゆくて笑っちゃいませんか。
放っておいても笑顔になりますね。

 

もしあなたが「何故か上手くいかない事」や「何か楽しくない気持ち」、「イライラした気分」、「すぐに落ち込む」、「1人になると何故か落ち込む」等の症状があるようなら、まさにこれをやっています。

 

本来、自分が自分に対して何を語りかけるかは完全に自由です。

 

完全に自由なのに、わざわざ嫌になる事を選択しなくても良くないですか?

 

どうせ語りかけるなら、自分に良いことを語りかけた方が日々楽しくなりますし、物事も上手くいくようになります。

 

もし1mmでも先程の症状に思い当たるフシがあるなら、一度冷静に自分を眺めてみてください。

 

もっと良い自分になる解決の糸口がきっと見つかります。

 

もし自分で上手く見つけられない時は、コーチにご相談ください。

 

折角「言語」という便利な道具を身につけてるのですから、自分の人生にプラスになるように活用して、楽しく元気に生きましょう

 

———————————————————————————————

ご意見、ご感想、ご相談、何でもお気軽にご連絡ください。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

同じじゃなくていいんです

Tokyo

日本人の多くは「他人と同じ」が大好きです。

おそらく学校でそういう教育を徹底的に受けるからではないでしょうか。

 

逆説的に「自分と違う」は排除したがります。

そういう個性を持つと煙たがられます。

 

多くの人は仲間はずれは嫌いです。

いや、嫌いというレベルではなく、おそらく怖いという表現の方が適切かもしれません。

 

自分の日常に直接的な影響を受ける可能性がある(と思う)からでしょう。

多くは精神的に。

 

なので、多くの人は自分をグット押さえて「他人と同じ」を演じている事が多いように見受けられます。

 

世の中は広い(日本だけでも!)のですが、なぜか自分が生きていく世界を小さく区切ってしまいます。

 

そしてその小さな世界で良い自分を演じて、ストレスを感じながら(人によっては感じない振りをして)窮屈な日常を過ごしています。

 

普通」という区切りを設けて。

 

自分もちょっと前までは同じ世界にドップリ浸かっていたので、そうなる「空気」は良く分かります。

 

でも、一度きりの人生なのに、何だかもったいないですよね。

 

ほんの少しの勇気さえ持てば、世界は大きく広がります。

 

もし現状に少しでも不満があるのなら、完全に独りぼっちの状態で、自分の望む未来を描いて見る事をオススメします。

物理的な現状とか過去とか一切無視して。

理想に溢れる未来をです。

 

楽しい時間ですよ。

 

すごい事が実現された未来を想像する。主人公(ヒーロー)は自分。

多くの人の笑顔に包まれている。

 

なんだかワクワクしてきませんか?

 

現状を変えたければ、まず自分の中で圧倒的にワクワクする事がポイントです。

 

現状に何かしらの不満があるのなら、それを単に見つめるのではなく、もっと大きく高い視点で全く違う方向から眺める方が解決への近道になります。

 

ワクワクの中に自分の想像をはるかに超える「機能」を世の中に提供できる事に気づくかもしれません。

 

必要なのはワクワク自己責任だけです。

 

たったそれだけで、窮屈で小さな世界を抜け出せます。

 

そこは「他人と違う」を受け入れてくれる大きな世界の入り口です。

 

考えるだけで眠れなくなる(実際は寝て下さい)楽しい毎日がどんどんやってきます。

 

ぜひ一度、ワクワクする未来を思いっきり想像してみてください。

 

そしてできるだけ大きな「機能」を世の中に提供してください。

 

自分のために。世界の未来のために。

———————————————————————————————

ご意見、ご感想、ご相談、何でもお気軽にご連絡ください。

励みになりうれしいです。

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]

『ダイエット』 ゴールが叶えてくれる小さな事

Diet後

今日はゴールが叶えてくれる小さな事を1つご紹介します。

 

上の写真、お恥ずかしいですが私の写真です。

 

体型が変わったので、ダブダブでいらない洋服を廃棄する時記念に撮影しました。

 

もう1年程前の出来事になります。

 

体型は今もほとんど変わっていません。

 

大掃除中、会社員時代の面白い写真が出てきました。

IMG_20131120_0003

なかなかのだるまさん体型です。

 

この時の体型を写真と一緒に出てきた健康診断結果でみると、

身長:165cm  体重:85kg  肥満度:37%  ※標準は10%まで

ん~かなりきてます。

 

だるまさんになった大きな契機は結婚でした。

「食べ物を残してはいけません」という家庭で育ったため、カミさんが作った料理(大体いつも3~4人分)を残さず平らげていました。

 

常に沢山食べていると、胃袋もだんだん鍛えられ食べ物が沢山はいるようになります。

一番食べていた時はココイチのカレーご飯1kgちょいを平気で平らげるほどの成長ぶりです。

 

ちなみにこの頃カレーは飲み物でした。

急いでいる時は、1杯食べるのに1分かかりません。

石ちゃんの気持ちが良く分かります。

恐ろしいですね。(^^;)

 

そうこうしているうちに65kg弱の体重は、わずか半年で85kgにまで成長しました。

月4kg強…まぁまぁの成長スピードです。

 

当時のズボンはウェスト110cm。

普通のお店ではなかなか手に入らないサイズとなりました。

 

少し不便な生活の始まりです。

 

重い身体は年数を重ねてくると不調が目立つようにもなり始めました。

 

しばらくして、不便で不調な生活がだんだん嫌になり、ダイエットを始めました。

バナナダイエット、黒糖ダイエット、キャベツダイエット、GI値ダイエット….

少し有名なものは一通りやった気がします。

 

ちょっと効果が出る物もありましたが、最終的にはリバウンドします。

 

当時はなぜだか気づきませんでしたが、今冷静に分析すると原因はゴール設定の甘さでした。

 

さんざんリバウンドを繰り返したあげく、2009年3月に一念発起。

 

キチンとゴールのイメージを深めてダイエットに挑みました。

 

当時のウェストは98cm。体脂肪25%

 

体重よりも体脂肪とウェストが気になったので、ココに注目して活動開始。

 

2009年7月には体脂肪20%程度まで落ちるも、ウェストが思うように落ちず92cm

 

でもゴール側のコンフォートゾーンに従いダイエット継続。

 

2010年12月には体脂肪18.6%、ウェストは82cmになりました。

 

ココでダイエットを意識した活動は一応終了です。

 

後はゴールは意識しつつもダイエットを意識した特別な事はせず、好みのホメオスタシスに従い生活をしています。

 

ちなみに今の体型はこちら。

体重:62.7kg  体脂肪:17.7%  ウェスト:80cm

 

正月で少し食べ過ぎ感がありますが、まぁまぁです。

 

今日紹介したのは、ゴール設定で叶えられるほんの小さな出来事の1つです。

 

でも世の中にはこんな小さな事でもなかなか叶わない人が大勢いるという現実を知り、少しでも参考になればと思いこの記事を書いてみました。

 

今やダイエット市場は2兆円産業と言われています。

すごくもったいないですね。

 

ダイエットなんかお金かけずにできるのに…。

 

そんなお金があるなら、飢餓で苦しむ子供達に提供して欲しいです。

無駄に食う食べ物代の一部でも、学校に行けない子供達に提供して欲しいです。

 

ダイエットの方法はとても簡単です。

 

遠くにある明確なゴール設定です。

 

特にリバウンドをしないためには、このステップがとても大切です。

 

ゴール設定をして、コンフォートゾーンがしっかり自分のwant to側に移行していないと、たまたまダイエットに成功しても必ずリバウンドします。

まぁ太るのが新たなゴールであれば別にいいですが…。

 

 

もう一度いいます。

ダイエットに大切なのは遠くのゴール設定です。

 

多くの人が立てる近くのゴールリバウンドを招くので止めた方がいいです。

リバウンドはタダ太るよりタチが悪いです。身体的にも精神的にも。

 

今年の目標に「ダイエット」がある人は、いきなり手段を探してダイエットを始めないで下さい。

多分ダイエット自体成功しないか、一時的にダイエットできてもリバウンドする確率が高いです。

 

それよりは、まず遠くのゴールを明確に設定してください。遠くです。

 

よくありがちな「かっこよくなりたい」「スマートな服着たい」「彼氏に好かれたい」…程度のゴールは少し近すぎる(弱い)ので、リバウンドしないためにはもっと遠くのゴールを立ててください。

 

そしてそのゴールが「心から望む事(状態)」である事を自分にしつこく確認してください。

 

それがリバウンドなしダイエットが成功するコツです。

 

上記がちゃんとできれば、もうダイエットは成功したも同然です。

 

最後に手段を探してすぐに動き始めてください。

 

その瞬間から、あなたはダイエットが成功した新しい世界を歩きはじめています。

 

 

今年もみなさんのゴールが次々叶うよう、心から応援していきます。

 

———————————————————————————————

ゴール設定がなかなか….という方はコチラから気軽にご相談ください。

 

[contact-form-7 id=”18″ title=”お問合せ”]