知識は道具。ちゃんと使えてますか?

知識を得ること大事ですね。

特に好きなこと、興味のある事に関する知識を得ることは、それだけで楽しいです。

人の話を聞いたり、本を読んだり、セミナーに参加してみたり。

特に本は手軽でコストパフォーマンスも高いのでオススメ。

お金が用意できれば買い、無くても図書館行けば読むことができます。

セミナーは直接的に知識を得られる有効な手段ですが、ちょっと金額がはるかも知れません。

もちろん優良なセミナーは十二分に元がとれます。

当たり前ですが、知識は無いよりある方が断然いいですよね。

知識はどんどん仕入れましょう。

ところでその知識、活用できてますか?

もちろん得た知識を直接的に全て使う訳ではありません。

知るだけの知識もあり、それはそれで楽しめばいいと思います。

ただ個人的には知識は使ってなんぼだと思います。

特に何かを学び取ろうとして時間をかけた知識は「楽しんだ」で終わったら勿体無いですね。

キツイ言い方すると、時間の無駄です。人生の時間は有限で大切なものなのに。

でも不思議なことに、そういう人、多いです。

そういう人の口癖は「ああ、それ知ってる」「それ、こうだよね」「ああ、それ聞いたことある」などなど。

心当たりありますか?

だとしたら勿体無いですよ。使いましょ、その知識。

知ってても使いこなさなければ意味ないですよ。

死ぬ直前に「あぁ使っときゃよかったぁ…」としみじみ思いたいですか?

体が思うように動かなくなってから「あぁもう少し体が動けばこれできたのに…」とか思い返したいですか?

そうなるのイヤですか? なら使いましょ。

誤解を恐れずに言えば知識は道具です。とても優れた道具です。

道具は使って初めて価値が出ます。

道具箱にしまってある金槌は、釘を打ったりして価値を提供してナンボです。

しまったまま使わないなら存在していないのと差異がありません。

道具箱にあることを知ってて、一生取り出さなかった金槌にどんな意味がありますか?

死ぬ直前「あぁ一度金槌で釘打って椅子作りたかったなぁ」と思いながら死にたいですか?

それとも「いやぁ、あの金槌使いこなすの大変で指とか多少ケガもしたけど、椅子とか作れて楽しかったなぁ」と思いながら死にたいですか?

人はほっといても老いていきます。

時間は有限です。

今やりたいことは、今のうちサッサとやりましょ。

自己責任で楽しみましょう。自分の人生。