楽しく学ぶ。楽しい読書。

みなさん、本読んでますか?

 

自分の周りは割と本を読む人が多いです。

 

ジャンルは様々で、小説オンリーや漫画オンリーの人もいます。

 

もちろん読まない人もいます。

 

自分は昔からジャンルを問わずいろいろ読みますが、ここ最近はやはり心理学関係等、マインドに関する本を読むことが多いです。

 

マインド関係といっても心理学のちょっと眠気を誘いそうな本(^^;)から、メンタリストや手品師、占い師等が使う心のトリックの話などカジュアルな感じのものまで色々です。

 

カジュアルで軽いものだと、少なくとも1冊、多い日で3冊位は読むようにしてます。

でもすごく読める人は重たい本(重量じゃなくて中身ね)ももっとたくさん読んでいるので、ん~まだまだだなぁと成長するべく努力を重ねる日々です。

まだまだイケるぞ自分!(^o^)/

 

特にコーチになってからは、日常的に専門的な本を読んだり、人の話を聞きに行く機会が多くなりました。

クライアントさんの人生に関わる大事な1時間をよりよいものにするため、日常的に多くの時間をかけて準備をするのが当たり前の生活になってきました。

 

「じゃ、大変か?」と言われると実は逆です。

 

学生の頃は、勉強の為の読書というとかなりやらされてる感満載で、ちょっと面倒でつらく、そして退屈なものでした。

 

でも今は自分でえらんだゴールがあり、それに向かってやっているので、同じ勉強の為の読書でも全然楽しいです。

 

願わくば、頭がもう少しスポンジのように一気に知識を吸い込んでくれるといいなぁとは思いますが…(^^;)。

 

そうすればもっと知識の幅を広げられてもっともっと楽しそうです。

 

そして得た知識を自分の中で統合して吐き出す作業があるのも、また励みになっていい感じです。

 

本は読まなくても生きていけますが、読まないのはちょっともったいないなというのが自分の気持ちです。

 

よい本に出会えたときの衝撃や、読んだ後、読み終わることがちょっと寂しくなるような小説と出会えた時の楽しさなど格別ですよ。

 

もし「あまり味わう機会がないなぁ」という方は、ぜひどんな本でもいいから興味の湧くものを手にとって読んでみてください。

 

人生の楽しみがひとつ増えますよ。

 

宮崎行きます

所要があり、今週末から週明けまで宮崎に滞在予定です。

かなり地域限定ですが、宮崎市から県北方面で都合あう方いれば、トライアルコーチングやります….って突然過ぎていないか。(^。^;)急に決まったので…

幸せをコントロール

今幸せですか ?
幸せの定義は人それぞれですよね。
一番いいのは、今の全てが幸せ! っていう状態ですね。
でも以外と「今の幸せ十分じゃないなぁ」と漠然と感じている方も多いのではないでしょうか。

 

他人との関わりで凄く幸せを感じる場面や、逆に嫌な感情に支配されてしまう場面、ありますよね。

 

人によっては他人に関わると「嫌な感情」の方が多いなぁ、という場合もあるかもしれません。

 

もし「嫌な感情」が1つでも多く「幸せな気持ちに」に変わったら嬉しくないですか?

実は簡単に変える方法があります。それも今すぐに!

 

別に「なら私から壺を買いなさい」と言いだすわけではないのでご安心を。(^.^)/

 

Give & Take(ギブ アンド テイク)」という言葉が聞いたことありますか?

この言葉を最初に聞いた時は気がつきませんでしたが、何かの本でその順序について意味ある事を知りました。

もう10年以上前の事なのでどの本だったかは忘れてしまいましたが。

 

それは、まずGive(与える)があり、次にTake(もらう)があるという事です。

決して、Take & Give ではありません。

 

これを最初に知った時は、この言葉鳥肌ものだなと感じました。

以後どんな場面でも、可能な限りこの順番を守るように心がけています。

まぁ神様ではないので必ずではないところがまだまだ修練不足ですが…。(^^;)

 

それはさておき、今は他人の行動についてもこの原則を通して見るクセがついています。

 

特に「イザ!」という重要な場面で、この原則を逆に行く人には残念な思いが強くなり悲しくなります。

ま、以外と多いですけどね。

特に日頃から「普通は…、常識では….」とか偉そうに語る人に多く見かけるのが不思議です。

この順番大事だと思いませんか?

 

でも最近この上を行く教えを受けて、ちょっと愕然としました。

ここで詳しくは語れませんが、簡単にいうと「Giveしなさい。そしてGiveしなさい。」です。

 

凄くないですか?

 

私は最初にこの教えを受けた時、感動して3m位ジャンプしました。(^^;) ほんの少し誇張してます

 

でもこの考え方の本質は、単に「そうやっていい人になりなさい」という事ではありません。

 

ここで1つ質問です。

人にGiveするとちょっと幸せな気分になりませんか?

 

例えば、道迷っている人に教えてあげたとか、仕事で困ってる仲間を助けてあげたとか、ちょっと余裕があったので寄付したとか、子供が微笑んできたので微笑み返したとか、お金に限らず何でもいいです。

 

この時感じた幸せを大事にしなさいというのが「Give & Give」の本質です。

 

ここで重要なのは、相手からのTakeは関係ないということです。

 

例えば、道を教えてあげた人が「お礼も言わず黙って立ち去った」とか、仕事を助けた仲間が「誰の力も借りず俺の力で全てやった。俺偉いっしょ。」ていう態度されたとか、微笑み返した子供にソッポ向かれたとか、それらは一切関係が無いという事です。

 

なぜなら「相手に与えた」時点で既に幸せだからです。

 

その結果、お礼でも言われたらそれはボーナスで幸せが倍になりますね。

嬉しさ倍でウキウキですね。

 

でもそれがなくても既に幸せなので、相手の態度が悪かろうが全然関係ないのです。

 

この考え方のいいところは、自分で幸せをコントロールできるところです。

 

自分が主体で行動すれば良いだけなので当たり前ですね。

 

人は通常他人を変えることはできません。絶対に。

その変えられないものに自分の幸せをコントロールされるより、自分でコントロールした方が楽でしょ。

楽しいでしょ。幸せでしょ。

 

自分の意識を変えるだけ。簡単でしょ。今からできるでしょ。

ぜひ試してみてください。

 

幸せの割合が抜群に多くなりますよ。

 

そうそう、上記で人は絶対他人を変えられない と書きました。

これは事実です。特に本質的な部分は。

ただ、自分は自分で変えられます。いくらでも。

我々コーチは、この「自分が望む自分に、自分で変える。自分を変える。」お手伝いをするプロです。

より良い自分、幸せいっぱいの自分てどんなかな?

自分探しにつかれてきちゃったな、

などなど自分に対するちょっとした想いや悩みが出てきたら、

いつでも気軽にご相談ください。

問合せはコチラからどうぞ。

マーク・シューベルト最高

今日はコーチング講義の日でした。

今回はマイク・シューベルトが講師としてきてくれました。

マイク・シューベルトは北京オリンピックで金メダル 8個を獲得した、伝説のスイマー「 マイケル・フェルプス」のコーチです。

マークはとてもダンディで優しい語り口が印象的な人でした。講義内容はとても濃く大変勉強になりました。

講義の後は、苫米地博士も一緒の懇親会です。

こちらでもマークと苫米地博士から楽しく勉強になる話がわんさか聞けました。

色々質問もできてとても充実した時間です。

今朝は朝9時からコーチングセッションがあり、その後は一緒に学ぶ仲間とお茶のみ、飯食いしながら、講義の始まる15時位まで色んな話ができました。

同じ目的を持つ仲間との時間はとても有意義で貴重なものです。

月に一度のこの時間がとても幸せです。

またワクワクパワーが加速してきました。

このパワーを大切にして、じゃんじゃんクライアントさんのスコトマを外していきますよ。

トライアルコーチング申し込まれた方、お楽しみに!

喧噪と静寂と

表参道から原宿と賑やかな街を訪れた後、ホテルのラウンジでコーヒーを飲みながらゆっくりと現状の認識と、ゴールへの想いを再確認する。

賑やかな街がもつパワーに触れ、穏やかな空間での一人世界がもつエネルギーに触れる。

家でただ休むだけでは得られない充実した時間を過ごす。

こんな日もいいですね。

さぁ、ギャップがもつエネルギーをパワーに変えて、しっかり放出して行こう。

TPIEディプロマ認定コース 終了 

TPIEディプロマ認定コースの日程(全2日間)が終了しました。

TPIE1200

朝から晩まで理論と実践をミッチリと学んできました。

細かい理論の整合性確認、考え方の整理等とても有意義な時間でした。

 

ルー・タイスが確立したコーチングのコンセプトは、40年にわたって数多くの科学者による
検証、助言が重ねられ、常に進歩を続けてまいりました。
この度、基幹プログラムであるIIEは、苫米地英人による機能脳科学ならびに認知心理学の
最新の理論を応用し、より洗練されたプログラムとして再構築されました。
このプログラムが、世界トップレベルの成功のためのプログラムTPIEです。
Unit01~05 (総論)  マインドの働き
Unit06~08 (各論Ⅰ)  セルフイメージとセルフトーク
Unit09~11 (各論Ⅱ)  ゴール設定
Unit12~15 (各論Ⅲ)  ビジュアライゼーション・モチベーション
Unit16~21 (実践応用)  自尊心・マインドフルネス

want to と have to

want toとhave to。
日本語で言うと、したいこと と すべきこと。

人生は全てwant toで生きるべきです。

何故でしょうか?

want to で生きると良い感情が湧き出るからです。<心からの感謝、他人への尊敬 など>

want to で生きると効率が良いからです。<好きこそ物の上手なれ>

want to で生きると楽しいからです。<いつもニコニコ>

want to で生きると自己責任で物事を考えられるからです。

want to で生きると幸せだからです。

逆に

have to で生きる方と悪い感情が芽生えやすくなります。<恨み、妬み、嫉妬 など>

have to で生きる方と効率が下がります。<嫌なことは誰でも避けたい>

have to で生きる方と楽しくないからです。<やらされ感、イヤイヤ感 など>

have to で生きると何でも他人や状況のせいにするからです。

have to で生きると不幸だからです。<ある日感じる虚脱感、不安感 など>

では want to の人生を歩むにはどうするか?

やりたいことだけやりましょう。自分が心から望むGoalへ向かう。
これが全てです。

ただ誤解して欲しくないのは、単に目の前の快楽に走ればいいという事ではありません。

多くの人は、大きな have to の中で、小さな want to をやってる感じがします。

例えば、今の仕事は嫌だけど、お金の為(だけ)に仕方が無いから働いている。
なので仕事中はストレスが溜まるばかり。
やってあげてるのに感謝されない。してあげてるのに褒められない、評価されない…。
イライラ溜まるから、仕事が終わると飲んで憂さ晴らし。
何も考えないで飲んで騒いでいる時が楽しくて仕方が無い。
でも朝起きると望まない現状に引き戻される。嫌々でかけて…の繰り返し。
数年経ち、ふと振り返ると何故か虚脱感と増えた年齢だけを実感する。
酒がゲームになったり、パチンコになったり…は人それぞれ。

でも、大きな want to の中で、小さな have to をやると人生大きく変わります。

例えば、自分のゴールにつながる今の仕事が楽しい。日々イロイロあるけど、これもいい経験。
日々のチャレンジを乗り越えていく自分が楽しい。
自分のチャレンジに結果が出ると勝手に褒めてもらえる。何故か感謝される。
でもそれよりも自分を褒めたくなる自分が楽しい。
仕事は仕事の時間で楽しんで、もちろん趣味にも全力投球。ストレス無いからパワー全開。
家族と触れあい、恋人と触れ合い、友達と触れ合い、あっという間に楽しい時間が過ぎていき、もう寝る時間。
朝目が覚めるとワクワクする一日がまた始まるる。
数年経ち、ふと振り返ると色んなゴールを達成している自分に満足。
でも今はまた高いゴールへ向かって毎日ワクワクくしている。数年後の自分が楽しみで仕方が無いから。

大きな want to が生み出す大きなゴール。

心の底から願うゴール。
他人から影響された価値観、メディアや周りから受けた価値観ではなく、心の底から自分が望む価値観で決めていくゴール。

そのゴールへ向かう日々は全て自分の価値観が決めていく。
全てが自己責任で進む代わりに、余計な心配や不要なストレスは一切なくなる。
毎日ワクワクする人生。これって楽しくないですか?

ゴールは自分が決めます。

ただ多くの人は、これまでの人生で抑圧された価値観に大きく左右されるため、なかなかに本当に心から望む want to ゴールを設定できないようです。

want to ゴールのつもりが、実は have to ゴールを設定していると毎日がワクワクしません。楽しくありません。

この大事なゴール設定を手伝うのが、我々プロコーチの大きな役目です。

手伝うといっても、あなたが設定するゴールそのものへ口出ししたりはしません。

それが本当に心から望むものであるかどうかをあなたが見極めるお手伝いをします。

そしてあなたがあなたの望む人生を得るためにとても重要な、マインドの使い方をお手伝いします。

実は我々コーチにもコーチがいます。

それは自分一人では気付ききれない盲点(スコトマ)があるからです。

盲点(スコトマ)は重要な事ですが、それだけに長くなりそうなので、
また次々の機会にしましょう。

かなり細かい部分を端折って書いたので、要点がうまく伝わらなかったらごめんなさい。

ま、コーチングを受ける方は、実感していただくのが一番なので、ちょっとでも興味が湧いたら、気軽にご連絡ください。

オリンピック水泳の8冠王 フェルプス選手のコーチ マーク・シューベルト来日

2008年北京オリンピックの水泳競技で前人未到の金メダル8冠に輝いた、マイケルフェルプス選手のコーチであるマーク・シューベルトさんが今月来日されます。

コーチングの大家、ルー・タイスから直接伝授されたコーチングスキルを学び、数々の実績をあげている世界トップスキルのコーチです。

今回の来日に合わせて、下記日程でビジョナリーマインドセミナーも実施されます。

日時:8月16日(金)19:00~21:30

人生向上に興味のある方は、直接話を聞ける滅多にないこの機会をぜひ生かしてみることをお勧めします。

詳しくはこちらをご覧ください。

専用ホームページ 開設しました

コーチ活動専用のホームページを開設しました。

コーチ活動以外の情報も織り交ぜつつ地道に更新していきたいと思います。

まだ全然形になってませんが、暖かく見守っていただけるとうれしいです。